地球時計とは

地球を時計の文字盤に、明暗境界線(ターミネーター)を時針に見立てたもの。 24時間で一回転する。 次のアニメーションは、1時間を1秒に短縮している。 上の数字が日本標準時(JST)、下が世界時(UT)を表す。

地球時計アニメーション

世界時と日本標準時を比較する

イラク戦争の際、現地からの中継映像が流れたとき、今、彼の地は昼なのか? 夜なのか? ……と気になった。

……なんていうような中学理科・中学社会の知識があっても、 「昼のニュースで、空爆のようすが中継されているバグダッドは早朝で、このときアメリカは夜」 ……なんてことは、すぐにはわからない。

そこで時差を計算しなくても一目でわかる「世界時計」を考えてみたのだった。

1時間ごとのようす

JST00h JST01h JST02h JST03h JST04h JST05h JST06h JST07h JST08h JST09h JST10h JST11h JST12h JST13h JST14h JST15h JST16h JST17h JST18h JST19h JST20h JST21h JST22h JST23h

図の作成にあたって

これらの地球の図は北極上空から見た地球をイメージしているが、実際の地球とは異なる部分がある。

まず、図にはランベルト正積方位図法を用いている。 これは、ほんとうなら北極上空からは見ることができない南半球も表示したかったからである。 そこで、北極から離れるほど、海岸線はゆがんでいる。 図の周囲を囲む緑色の線は、じつは南極大陸だったりするのだが、気にしないでいただきたい。

また、季節変化は無視している。 ほんとうなら、夏には北極圏は白夜のはずだし、冬には北極圏に太陽の光が当たることはない。 正しい、リアルタイムの地球のシミュレーションを見たい方は「Earth and Moon Viewer」などをご覧いただきたい。

もうひとつ、図を作成するとき悩んだのは、 「地球を回すか? 明暗境界線(ターミネーター)を回すか?」 ということである。 明暗境界線を固定しておいて、地球を回したほうが「地動説」の感じが出るとは思ったのだが、利便性を優先した。 つまり、常に日本が右上にあり、右上に日本標準時を表示することによって、「地球上の各地の時間関係を知る」ことが容易になると考えたのだ。 さらに、日付変更線が真上に当たるので、日付の変化もわかりやすいかなぁ、と思ったのだが、「真夜中の線」を入れ忘れている……。 まぁ、今後の課題ということで。

地球を見る視点

さて、この「地球時計」は「夜明けと夕暮れを同時に見る」という、宇宙的視野を表現したものでもある。 戦争報道を見ることがきっかけで作ったのが(しゃく)だが、こうして地球規模、宇宙的視野でモノを見ることは、とても大切だと思っているのだ。

「ごらんなさい!」アルヴィンが突然いった。「これを見せたかったんです。あの意味がわかりますか?」

宇宙船はいま極地の上にあり、下の地球は完全な半球を見せていた。薄明帯を見下ろしたジェセックとヒルヴァーは、地球の両側に日の出と日没とを同時に見ることができた。その象徴的効果は実に理想的で印象的であったので、彼らはこの瞬間を命あるかぎり忘れられないことになるのである。

アーサー・C・クラーク著、山高昭訳『都市と星』(ハヤカワ文庫)26章より

参考

元祖【科学的逍遙】(初出)

外部リンク


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-09 (水) 21:52:27 (4425d)