閃輝暗点(せんきあんてん)とは

片頭痛の前駆症状の一つ。 視野の片隅からギラギラと虹色に光るギザギザの模様が広がる。 しかもその模様は、 実際に何かが「見える」わけでなく、脳の視覚領域で生じた幻覚である。

芥川龍之介の短編小説「歯車」の中に閃輝暗点の様子の記述がある。

誰でも見られる閃輝暗点(もどき?)

閃輝暗点と同様の幻覚を簡単に見る方法は次の通り。

  1. 両目をつぶる。
  2. 右目の目尻の、眼球と眼窩の間を右手の人差し指で軽く押す。強く押しすぎると、目が痛くなるので注意!
  3. 右目の目頭、つまり押しているのと反対側に光の輪のようなものが見える。
  4. 押す位置を動かすと、視野の反対側の光の輪は、指を動かしたのと逆向きに動く。あんまり長く押していると目が痛くなるので注意!

眼球を押すことによって、網膜が刺激されて光のようなものが見えたのである。 光の刺激によって光が見えたわけではないので、幻覚の一種といえるだろう。*1

くりかえすが、強く押しすぎると目に悪いので、ほどほどにすること。

ちなみに、頭を打ったときや立ちくらみ(起立性低血圧)のときに頭の周りを星が回っているように見えるのも、幻覚である。 マンガのように、周囲の人にも星が見えるわけではない。 本人だけが幻覚を見ているのである。

神秘体験をしたいからとカルト宗教に入って高価な幻覚剤を買わされてしまう人もいる(いた)ようだが、幻覚を見たかったら目玉をつついたり頭をぶつけたりしたほうが良かったのではなかろうか。

もちろん、幻覚を見たから神秘体験をしたというわけでもない。 『サックス博士の片頭痛大全』によると、宗教的な「神秘的なビジョン」の多くは、じつは閃輝暗点のような幻覚だと思われるそうだ。*2 片頭痛の起こる仕組みとか、幻覚が見える仕組みのほうが、「神秘的なナントカ」よりもよっぽど不思議だと思うのだけどね。

頭痛と幻覚

ちなみに、ワシも片頭痛持ちなので、ときおり閃輝暗点を見ることがある。 2007年7月12日、ひどい頭痛の折には「共感覚」を伴った。 音に伴って閃輝暗点と同様の幻覚が生じたのだ。

屋根の上のスズメの鳴き声までが頭痛に響き、それだけでなく、「音が見える」ようになってしまった。 閃輝暗点と同じような、黒い点のまわりに輝く縁のついている図形が、音とともに視野をよぎるのである。

スズメが鳴くと、目を閉じているのに三角形が視野の左隅に出現し、「びょん」と大きくなる。同時にズキリと左側頭部が痛む。

ムスメが階下のピアノでモーツァルトを弾くと、虹色の水玉が視野の左から右へと軌跡を描く。そして絨毯爆撃のような頭痛(ベトナム戦争時、低空で爆撃する攻撃機から撮った映像があったが、あんな感じでドカドカドカッ……)。

よくモーツァルトは「癒し」だと言われるが、片頭痛の発作中には「拷問」であった。

参考


*1 入力信号がないところから感覚が生じているわけではなく、入力信号の取り違えなので、厳密な意味では錯覚と言うべきかも知れない。
*2 ちなみに、『サックス博士の片頭痛大全』の著者、オリヴァー・サックスは映画『レナードの朝』の原作者として有名な精神科医である。サックス博士自身は片頭痛持ちではないので、前駆症状の幻覚を見たことがない。そこで、『〜片頭痛大全』を読んでいると、博士は「閃輝暗点の見える人」がうらやましくて仕方がないような書き方だなぁ、と思えてくる。や〜い。ワシは見えるもんね〜。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-19 (金) 21:51:34 (3923d)