ツバメ初見

2002年5月25日、巣立ったばかりの幼いツバメ
2007年3月31日 沼津市
県道沿いの床屋の軒下から飛び出したツバメが、クルマ目指して飛んできたので驚いた。毎年巣をかける場所を覚えているなんて、凄いよね。
2008年4月14日 静岡県駿東郡長泉町
信号待ちのクルマから道沿いの家並みを眺めていたら、ツバメがついついと飛んでいた。
2009年3月30日 静岡県駿東郡長泉町
新幹線北側の田んぼ(アブラナ科の黄色い花が咲いている)の上を数羽が飛び回っていた。
2010年4月11日 沼津市
ウチの前の通りを高速で飛び去った鳥がいてビックリした。後姿を確認したら、ツバメだった。
2011年4月15日 沼津市
近所の民家の軒先に巣を作っていた。ということは、しばらく前から飛んでいたはずだ。
2012年4月13日 沼津市
毎年見かける民家の軒先に営巣。←この文の「毎年見かける」は「民家」にかかっているのではない。「今年も民家がやってくる季節だなぁ」なんてコトがあるワケがない。もちろん、「毎年見かける(ツバメの巣が)」、「民家の軒先」にかかっていた、という意味だ。「営巣」という言葉を無理に使おうとすると、こういう妙な文になる。いかんなぁ。
2013年4月26日 沼津市
朝から町内を飛び回っていた。一日か二日前にも声を聞いたような気もするが、飛んでいる姿を確認したのはこの日が初めて。
2014年4月28日 沼津市
朝の散歩中、電線に並んでとまる2羽のツバメを見た。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-04-28 (月) 21:59:13 (1213d)