生態学とは

英語では ecology(エコロジー)。 生物とその環境の関係を研究する生物学の一分野。

ワシの学生時代の専門分野(植物生態学、雑草生態学、群落生態学、耕地生態学、動物生態学、その他)。社会人になってからも、だいたい、その()って立つところ。 このサイトでも、ファンタジーとの相性が悪いことを指摘したりしている。

極相林の天然更新

拡大

上の写真は、極相(きょくそう)林の天然更新。 モミ(ツガかも?)の大木が並ぶ安定した森林が安定し続けるのは、世代交代が行われるからである。 写真の左下から右上に、斜めに大木が倒れている。 その倒木の上に、若いモミが列をなして生えている。 親の遺骸を栄養分として、その子たちが育つのである。 倒れた親が抜けた後の林冠から注ぐ陽光を受けて、幼い木々の競争が始まっている。

なぜ生態学とファンタジーは相性が悪いのか

このサイトでいろいろとファンタジーにツッコミを入れていて思ったこと。 生態学的SFは成立するが、生態学的ファンタジーは成立しないようだ。

なぜだろう、と考えた。 生態学の基盤は、生物と環境の相互作用、および物質の循環、エネルギーの変換である。 ここでいう環境とは、ある生物(研究対象とする生物の個体や、個体群)をとりまくすべてである。

カエルを例にとれば、池の水や天候だけでなく、エサとなるトンボやトンボが幼虫のときのエサである小魚、カエルの天敵であるヘビ、ヘビの天敵であるタカ、さらに異性のカエルや同性のライバルなど、ありとあらゆるものが「環境」である。

妖精やモンスターについて、そういった環境との相互作用を書き込んだファンタジーは、読んだことがない。*1 たぶん、生物と環境との相互作用について書き込むと、ファンタジーではなくてSFになってしまうのだろう。*2

限られた量の炭素や窒素の生態系内の循環、太陽光のエネルギーから有機物内の化学エネルギーへの変換、さらにそこから運動エネルギーへの変換、なんてことについても、ファンタジーでは語られない。 まぁ、ファンタジーの世界では質量保存則やエネルギー保存則が破られることもしばしばだからね。

生態学(エコロジー)のエコは、経済学(エコノミー)のエコである。 物質やエネルギーの帳尻が合わないことは、生態学的に許されない。 生態学的ファンタジーが成立しにくいのは、経済学的ファンタジー*3が成立しにくいのと似ているかもしれない。

参考

このサイト内


*1 もちろん、映画を観たこともない。
*2 そういう科学的なファンタジーというかSFを、ポール・アンダースンあたりが書いていたような気がするなぁ。
*3 経済学的ファンタジーってのがどういうものなのか、まったく想像が付かないのだが。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-02-10 (火) 23:51:12 (3172d)