進化

クジラの骨格(模式図)

「進化」の誤用の例

進化とは、環境との相互作用によって起こる現象である。 環境が変化する限り、「最終」もなければ、「遂げる」こともできない。

従って、上のように誤った使い方をせず、素直に次のように書けばよいのだ。

進化を否定する危険性

宗教的な信念に基づき、進化を否定する人たちがいるが、それは「宗教的不寛容」に通じるのではないのかと思う。

進化を否定すると、遺伝的多様性を説明しづらい。

劣性遺伝子*3がなぜ駆逐されずに残るのか、という理由は、環境への適応以外に考えにくいのだ。

たとえば色覚の多様性について、詳しくは「本/日経サイエンス/2006年10月号」を参照のこと。

参考

このサイト内

元祖【科学的逍遙

科学的逍遙日誌


*1 進化に「優れたものになる」という概念を持ち込むと、危険である。ナチス・ドイツの優生学のように。
*2 朝日新聞でもスポーツ面などで誤用することがある。その点を指摘したことがあるのだが、答えは「広辞苑を見ろ」だった。残念ながら、広辞苑は理系の用語に弱い(元祖【科学的逍遙】のクイズ「「とける」の正しい漢字は?」参照)。新辞林や新明解を参照すれば良いのにね。
*3 劣性遺伝子とは、劣っている形質の遺伝子、という意味ではなく、優性の対立遺伝子に覆い隠されてしまう遺伝子のことだ。その点からすると、「劣勢遺伝子」と呼んだほうが生物学的に正しい気がする。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-09-22 (火) 23:22:34 (3682d)