緑のカーテン(2012年)

2012年9月9日の緑のカーテン

拡大

2012年、緑のカーテンを復活させた。 ここ数年間は化繊のシェードを使っていたのだ。

トケイソウやアサガオで緑のカーテンをつくってきたが、秋になり日差しが柔らかくなってから茂ったり、カメムシがどっさりついたり、という具合で芳しい成果が出なかった。

シェードなら虫もつかないし、台風がきたら撤収可能であるなどメンテナンスが容易である。

だがやはり、植物の蒸散による冷却効果(による省電力)と緑の葉蔭の清涼効果を期待したくて、緑のカーテンを復活させることにしたのだ。

もちろん、結果は良好だったが、課題も残った。 経過を追ってみよう。

2012年5月

網(園芸用のネット)とフウセンカズラの苗と種子、それと「真夏の青いスイートピー」の苗を近所のホームセンターで買った。

「青いスイートピー」は「緑のカーテン界の救世主」だそうだが、マメ科ササゲ属、ベネズエラ原産の植物だということ以外、よくわからない。 葉は確かに、ササゲに似ている。

2012年5月6日、設置直後の緑のカーテン

拡大

二階のベランダから網をつるし、庭から見て左側のプランターにフウセンカズラの種子を蒔き、プランターの下に苗を地植えにしてある。

ウッドデッキのステップの下に「青いスイートピー」を、これも地植え。 地植えにしているのは、水遣りの手間を減らすためでもある。 苗の根元には、自家製の堆肥をたっぷり埋めてある。

ステップの右側にルーの茂みがあって、そこにカニクサがからんでいる。 そのカニクサの葉がやがて伸びてくるはずなので、それも網にからめた。

参考(科学的逍遙日誌

2012年7月

2012年7月29日、ようやく緑のカーテンらしくなってきた

拡大

2012年6月に大型台風が襲来したため、二階まで到達寸前だったカニクサが潮風にやられて枯れた。

カニクサはシダなので、つるは茎ではなく葉の軸である。 カニクサの一つの葉は、全体が長さ2mにおよぶ大きなものだ。 だから、枯れてしまったつるから新しい葉が芽吹くことはない。

「青いスイートピー」は良い具合に伸びてきた。

フウセンカズラは花盛りだが、思ったほど伸びない。 これでは、日蔭を作ることは期待できないか。

参考(科学的逍遙日誌

2012年9月

2012年9月9日の緑のカーテン

拡大

「残暑」のころになっても日差しは強く、しかも少し傾いて部屋の奥まで射すので緑のカーテンの効果が発揮される。

フウセンカズラは、やはり二階までは届かず、緑のカーテン用としては役不足だった。 果実は面白いのだけどね(リンク先参照)。

2012年9月9日フウセンカズラの果実

拡大

「青いスイートピー」は二階のベランダに達し、布団を干すときに邪魔になるのでつるを切ったり横/下に避けたりした。

2012年9月9日「青いスイートピー」の花

拡大

スイートピーに似ていないこともない、というか、マメ科の特徴である蝶状花は、葉蔭に咲くものが多かった。 外から見て「青い花盛り」という感じにはならなかった。

「青いスイートピー」の花には巻貝のような形の部分がある

拡大

花にはぐるりと巻いている部分があり、特徴的な形である。 スイートピー(エンドウ)では、舟形の花弁に相当する部分だ。

2012年9月9日「青いスイートピー」の花を見上げる

拡大

つるの先のほうにも花が咲く。 上の写真は、二階のベランダ裏を見上げて撮影した。

2012年10月

「青いスイートピー」はマメ科植物なので、クズなどを食草とするウラナミシジミがやってきた。

2012年10月13日「青いスイートピー」にやってきたウラナミシジミ

拡大

まだまだ元気な植物たちとウラナミシジミには悪いのだが、緑のカーテンを撤去することにした。 二階のベランダの手すりに結びつけてあった網を外して落とすと、ウッドデッキが埋もれてしまった。

2012年10月13日、緑のカーテン撤去中

拡大

網からつるを外すのに、半日かかった。 その作業中ずっと、ウラナミシジミが飛んでいた。

このとき、カニクサのつるが木化していて外すのに苦労したので、来年はやめようと思う。

参考(科学的逍遙日誌


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-01-05 (土) 12:16:39 (2354d)