落葉

秋が深まり冬の足音が聞こえるころ、植物は葉を落とす。

葉が落ちるのではなく、葉を落とすのである。

冬空を掃くケヤキ

葉を落としたケヤキ

すっかり葉を落とし、冬空を掃いているかのようなケヤキの姿は、関東ではおなじみである。 上の写真は静岡県駿東郡で見たもの。 静岡県はケヤキの分布域としては「南限」である。

葉を落とす瞬間

夜、こんを連れて散歩していると、サクラの葉が音を立てて降り始めたことがあった。 風もないのに、1本の木だけ葉を落とし始めたのだ。 いっしょに散歩していたムスメが驚くほど、突然のことだった。 そしてぱたりと止んだ。

植物は、冬越しの準備として葉への水分供給をストップする。 そして葉の生命活動が停止し、準備ができたとき、葉を落とすのだろう。

なんてことを考えていたら、庭のタラノキがまさに葉を落とそうとしていた。

葉を落としかけのタラノキ

ちょいと葉柄(ようへい)に触ったら、ぽとりと落ちた。

葉の痕

葉の落ちた痕を見ると、維管束(いかんそく)がはっきりわかる。 染み出しているように見えるものは樹液で、やがて乾いて維管束をふさぐ。 葉の落ちた痕の上には薄い膜に覆われた冬芽も見える。 こうしてタラノキは冬越しの準備を進めているのだ。

参考


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-22 (土) 00:15:28 (4293d)