前葉体(ぜんようたい)

ウチの庭、というかウチと隣家の間の通路になっているところで見つけたシダの前葉体(ぜんようたい)

シダの前葉体

1日のうちごくわずかな時間しか日が差さないので、シダやコケの天国である。 ブライダルベールやシャガのような、半日蔭を好む植物も多い。 そんな、ブライダルベールとジャゴケのすき間の土の上に落ちた胞子が発芽したのであろう。

前葉体は細胞が一層に並んだ葉状体で、さしわたし数ミリのハート型をしている。 上の写真に一緒に写っているブライダルベールの葉が、幅1cm、長さ2cm程度なので、前葉体の大きさがわかるだろう。

……どれが前葉体かわからないかな?

矢印の先のハート型のビロビロのものが前葉体

前葉体はシダの配偶体、つまり有性生殖のための体である。

卵細胞と精子が作られて、受精後、小さなシダが芽吹く。

上の写真でも、小さな葉が開いているのが見えるだろう。

何という種類のシダかわからないので、大きく育つのを待とうと思うが……もちろん、すべての幼いシダが成長できるわけではない。 虫に食われたり病気にかかったり、他の草の陰になったり、ワシに刈られてしまったりするのである。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-30 (火) 22:01:50 (3912d)