松ぼっくり

松ぼっくり

拡大

「松かさ」を形成する鱗片(りんぺん)螺旋(らせん)になっている。 ……ということは、もちろんフィボナッチ数が現れる。→研究室/フィボナッチ数と植物

「まつぼっくり」を漢字で書くと……

植物名なら「マツボックリ」のようにカタカナで書けば良いが、学術的な名称ではないので「まつぼっくり」のようにひらがなでも良いのだろうか、と悩んで、とりあえず「松ぼくり」と漢字かな混じりで表記した。 辞書で調べたところ、全部漢字にすると次のようになってしまうので、ページタイトルにするのに躊躇したのだ。

松陰嚢

「まつぼっくり」は「まつふぐり」の(なま)りだそうだ。 マツの花のようすを見ると、なんとなく納得*1

エビフライ

松ぼっくりはマツ(アカマツ、クロマツ)の果実の集合体である。 いわゆる「まつかさ」の間に、種子が入っている。 おやつや酒の(さかな) として人間も食べる「松の実」ほどではないが、栄養分を蓄えているので、野生動物の食料となる*2

そこで秋に松林を歩くと、さまざまな動物がかじって捨てた松ぼっくりを目にする。

ホンドリスの作ったエビフライ

何で松林にエビフライが落ちているのか? と見ると、鱗片(りんぺん)をかじり取られた松ぼっくりなのである。 ホンドリス(ニホンリス)は、このように丁寧な仕事振りを見せ、見事なエビフライを作る。

しかし、もうちょっと不器用なヤツもいる。

タイワンリスの作ったエビフライ

タイワンリスの作品(?)は、やや粗雑である。

だが、到底エビフライには見えないような失敗作(?)もある。

ニホンザルの食べ跡

ニホンザルが松ぼっくりを食べた跡は、このように汚い。 乱暴である。 無残である。

食べている様子を見ると、松ぼっくりに歯を立てて引きちぎるようにして食べ、ポイポイ捨てている。 そうやってわずかばかりの脂肪分を摂り、長い冬に備えるのである。

参考

元祖【科学的逍遙


*1 とはいえ、こういう話を載せると不適切な言葉を載せたページとしてブロックされて、キッズgoo などの子供向けサイトから見られなくなっちゃうんだよね。
*2 「松の実」として売られているのは、チョウセンゴヨウの種子である。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-12-14 (日) 17:31:56 (3902d)