紅葉

20041028愛鷹山・つるべ落としの滝にて、滝壺の紅葉

2004年10月28日 愛鷹山・つるべ落としの滝にて、滝壺の紅葉

紅葉日

10月下旬の沼津。 山はとっくに赤や褐色になり、その山を望む平地でも、イチョウやケヤキの葉が色付き始めた。 ハナミズキ(アメリカヤマボウシ)の葉は紅色になって久しい。

そこで、これらのことを生物季節に記録しようかと思ったのだが、「初見」や「初鳴」や「満開」と比べると、「紅葉」は基準が難しいのだ。 こんな基準なのである。*1

紅葉日
対象植物を全体として眺めたときに、その葉の色の大部分が紅(または黄)系統の色に変わり、緑色系統の色がほとんど認められなくなった最初の日

標本木(ひょうほんぼく)を決めておかないと難しいよねぇ。

……ということで、公園の木とか他人の庭の木を勝手に標本木と決めておいても、いつの間にか枝を払われたり伐られてしまったりするのである。 ま、紅葉の記録は諦めるか。

カエデの紅葉

2005年11月30日 駿東郡長泉町にて、カエデの紅葉

紅葉狩りに適さない木

カキノキ(左)とハナミズキ(右奥) カキノキ(左)とハナミズキ(右奥)

サクラやカキ*2は、1枚1枚の葉は色鮮やかに色付くのに、「紅葉狩り」の対象にならない。 サクラの並木やカキの果樹園は、「紅葉の名所」にならないのである。 それはなぜか?

要因は二つあると思う。

  1. 1本の木の葉が一斉に紅葉しないこと。木全体が色付いた感じにならないのである。
  2. 色付いた葉がすぐに落ちてしまうこと。紅葉=落葉では、愛でることができない。

ポイントは2番目かな?

意外とキレイな紅葉

プラタナス(スズカケノキ科)

20061105プラタナスの紅葉

ヒメシャラ(ツバキ科)

20061105ヒメシャラの部分的な紅葉

20121231紅葉状態で年を越したウチの庭のヒメシャラ

草紅葉(くさもみじ)

木でなく草であっても、広い草原(くさはら)が色づくと美しい。 これを草紅葉と呼ぶ。

大菩薩峠の草紅葉 大菩薩峠の草紅葉

参考

元祖【科学的逍遙

科学的逍遙日誌

紅葉をスキャン
紅葉をスキャン

*1 環境省の「環境学習アクティビティ集」http://www.ceis.or.jp/kankyogakushu/kankyo/activities/index.htmlによる。
*2 どちらも10月下旬には色付き始めている。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-11-05 (日) 17:04:10 (4702d)