ロマネスコ

ロマネスコ

拡大

おとなりさんが家庭菜園で収穫したロマネスコをいただいた。

形は珍しいが、味はカリフラワーである。 茹でてマヨネーズをかけて食べると美味。

ちなみに、カミさんと上のムスメは、カリフラワーやブロッコリーを食べると不調になるので、ロマネスコも遠慮していた。

フラクタル

ロマネスコはカリフラワーやブロッコリーと同様、アブラナ科の野菜、要するにキャベツの仲間の蕾(つぼみ)である。

ロマネスコの花穂の部分を拡大

拡大

その蕾の一部をよく見ると、全体と同じような円錐形になっている。

部分が全体と同じ形をしていて、どこまで縮小しても(あるいは拡大しても)自己相似形の図形をフラクタル図形という。

ロマネスコの蕾(というか蕾の集合体)は、フラクタル立体なのだ。

でも、どこまで拡大しても同じ形、というわけにはいかない。 生物であるからには、大きさには限界がある。 いや、ひょっとすると際限なく成長するポテンシャルはあるのかも知れない。 宇宙ステーションで水耕栽培するならともかく、地球上では重力による制約や、栄養分や水分の輸送などの物理的限界はあるはずだ。

そして、どこまでも縮小できるわけでもない。 生物は細胞よりも小さくなれない。 蕾としての機能を維持する最小限のサイズも決まっているはずだ。

ロマネスコの花穂の部分をさらに拡大

拡大

キラキラと光って見えるのは、蕾の表皮の細胞だろう。 細胞の配列そのものが、らせんになっているのだ。

いや、マクロ機能で撮った写真を拡大しただけでは、ピクセルの限界があるから、本当に細胞かどうかは、顕微鏡写真を撮ってみないとわからないなぁ……。

フィボナッチ数

蕾の配置……らせんの数は、フィボナッチ数になっている。

まず目に入るのは、13本のらせん。

ロマネスコの蕾の13本のらせん

逆方向のらせんを探すと、8本のらせんがある。

ロマネスコの蕾の8本のらせん

そして、ゆるい21本のらせん。

ロマネスコの蕾の21本のらせん

これで、フィボナッチ数のうち三つが見つかった。

1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, ……

1本、2本、3本、5本も、見つけることができるだろうか。

参考


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-10 (日) 18:38:53 (2290d)