ロゼット

トウカイタンポポの小さな株

拡大

冬に葉を広げ、夏に休眠する

タンポポのように、冬の間緑色の葉を地表すれすれに広げ、春に花を咲かせて、夏は地表から姿を消す植物がある。 冬の寒さに耐え、夏の暑さは休眠してやり過ごす、という生活パターン(生活型)なのだ。

こうした生活パターンの植物は、けっこう多い*1。 冬は決して、「冬枯れ」の季節ではないのだ。

タンポポの葉のように、地表すれすれに、放射状に広げられた葉をロゼット葉といい、ロゼット葉をもつ植物をロゼット植物という。 以前、【科学的逍遙】に「もうひとつの分類――生活型」という記事を書き、いくつか例をのせた。

ここには、ロゼット植物でないタイプの「地表占有型」の植物を挙げよう。

光をめぐる闘い

植物は、光をいかに多く受け取るか、という競争をしている(「光競争」「光競合」という)。 ロゼット植物はそのやりかたの一つである。 とにかく冬の間に葉を広げておいて、早春の光を独占しようとする。

そのロゼット植物を後からスタートして短時間で追い抜こうとする植物がいる。 例えば、オランダミミナグサだ。

オランダミミナグサの花

拡大

関東以南の暖地では、2月も半ばになると、陽だまりにオランダミミナグサが群落を作る。

オランダミミナグサの株

ところが、上の写真の赤く囲った部分は複数の株からなる「群落」ではなく一つの株である。 つまり、1個体で広い面積を占めているのだ。 そのことは、引っこ抜いてみればわかる。

前の写真の一株を取り除いたところ

取り除いたオランダミミナグサの下から、ヒメコウライシバのほか、キュウリグサのロゼットなどが現れた。 オランダミミナグサはたった1個体で広い面積の光を独占していたのだ。 下になっていた草が枯れていない*2ことから、オランダミミナグサはごく短期間(ここ数日)の間に急速に葉を展開したことがわかる。 オランダミミナグサやホトケノザのように春先に急激に伸びる植物は、ロゼット植物よりも高い位置に、いち早く葉と茎を展開しようとしているのだろう。

オランダミミナグサの茎の付け根を示したもの

オランダミミナグサを取り除くとき、(1個体だから当然だが)細い1本の茎の付け根が見て取れた。 地表に展開する多くの葉や茎は、この細い部分で根へとつながり、水分や無機栄養の供給を受けていたのだ。

最小限の補給で可能な限りの戦線の展開を行う、という戦略なのだろうか。

参考

元祖【科学的逍遙


*1 農作物でいうと、ムギやダイコンやハクサイや……ほらね、いろいろあるでしょ?
*2 もちろん、休眠中のヒメコウライシバは除く。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-24 (日) 21:18:30 (4227d)