ユウゲショウ

ユウゲショウ

アカバナ科マツヨイグサ属

Oenothera rosea

アメリカ原産の帰化植物

駐車場と側溝のコンクリートのすき間に咲くユウゲショウ

最近、道端などでよく見かける。 栽培していたものが逃げ出したのか、ほかの花の苗にまぎれてやってきたのか……。

ともかく、花の直径が1〜2センチと小さくかわいいので、つい抜かずに放置してしまう。 きっと、そんなふうに扱う人が多いので、次第に分布を広げているのだろう。

最初は、やけに小さな花のヒルザキツキミソウだなぁ、と思っていたのだが、それにしても小さいし、色も濃い。 かといって、日本原産のアカバナにしては花が立派だし、だいいち生息地が違う(アカバナは湿地の植物だ)。

ヒルザキツキミソウとユウゲショウ

そこで、「アカバナ科のマツヨイグサ属」とアタリを付けてGoogleで検索したら、おなじみの岡山理科大学総合情報学部生物地球システム学科植物生態研究室の「植物雑学事典」で写真を見つけた。

ちなみに、「夕化粧」という名前だが朝から咲いている。 ウチの玄関は北向きだが、春から秋まではけっこう日光が当たる。 そんなわけで、日当たりを好むユウゲショウも元気に咲いているのだろう。 次の写真は、日が昇って日蔭になった玄関先のユウゲショウ。

ちょっと日蔭になった玄関先のユウゲショウ

しかも、「夕」化粧という名前に反して、夜は花がつぼまっている。 昼咲き月見草(ヒルザキツキミソウ)は夜も咲いているのにね。 まぁ、生物の名前なんてそんなもんである。 名前に深い意味を求めてはイケナイ。

白花は変種? 突然変異?

白花のユウゲショウ

ウチの玄関先で白花のユウゲショウを見つけた。 どうも変種らしい。 白い花も涼しげで良いね。

参考


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-06-07 (木) 21:08:27 (4455d)