ミニトマト

ミニトマトの花

2008年10月10日、まだまだ咲き続けるミニトマトの花

拡大

黄色い星形の合弁花が咲く。 ナス科の植物はみなよく似た花を咲かせる。

ミニトマトは花が咲いて受粉しても、果実ができるとは限らない。 昆虫や風によって花がゆすられることが必要なのだそうだ。

その点、ウチのミニトマトは昆虫や風だけでなく、ヒヨドリやこんや人間がゆすりまくるから、実が成って当然である。

ミニトマトの果実

2008年11月1日、ミニトマトの果実

拡大

もう11月だというのに、また果実がつく。 だが、青いものばかりで、赤いものが一つもない。

なぜかというと、ヒヨドリこんにとられてしまうからである*1。 そのため、こんな時期の果実が果たしておいしいものなのかどうか、それは不明である*2

巨大化したミニトマト

じつは、このミニトマトは春に種子を適当に播いたまま、ほとんど放置していたものである。 コンポスト(生ゴミ堆肥化容器)でできた土がよほど良かったのか、これほどまでに巨大化したのだ。

2008年11月1日、庭の片隅で巨大化したミニトマト

参考

科学的逍遙日誌


*1 こん/狩り」参照
*2 2008年11月9日、赤く色付いたミニトマトをカミさんが摘んだので、皆で食べてみた。意外にも甘く、皮も硬くない。昼夜の温度差で糖度が増したのだろうか。ちなみに、ワシが撮る前にカミさんが摘んでしまったので、写真はない。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-13 (木) 21:48:22 (3995d)