ミツバアケビ

果実

2007年10月28日(日曜日)の朝、ミツバアケビの実を食べた。 買って来たわけではない。 山で採ってきたわけでもない。 庭のフェンスにからみついたミツバアケビが、大きな果実を付けていたのだ。

庭のフェンスのミツバアケビ

1ヶ月ほど前から、フェンスのミツバアケビが果実を付けていることに気付いていた。 上の写真は、今日撮ったものだが、まだ開いていない。 この果実の向こう側、つまり南側に4個の果実があって、ぱっくり開いていた。 それを収穫したのである。

立派なミツバアケビが収穫できた

アケビには、小葉が5枚の普通のアケビと、小葉が3枚のミツバアケビとがある*1。 ミツバアケビのほうが果実が大きい。 果皮が分厚く、種子を厳重にカバーしているようだ。

何に対する防御なのだろう?  種子が成熟し、散布するのに適切な時期まで、動物に食べられないようにするためだろうか。 種子が成熟したとき、果皮は紫色に色付き、その果皮をぱっくりと割り、種子のまわりに甘い「わた」を付けて、動物を誘うのだろう。

ちょっと欠けているのは、メジロがつついたものか

台風一過の早朝に採集したのだが、「わた」の部分がちょっと欠けている。 多分、メジロかヒヨドリがつついたのだろう。 甘い果実、鮮やかな色の果実は、鳥やサルなどの動物に食べられることによって、種子が遠くに散布されるのだ。

ミツバアケビの種子

種子は堅い種皮に被われている。 うっかり噛んで割ってしまうととても苦いので、飲み込むか吐き出すことが期待されているようだ。 おそらく、動物の消化管を通ることにより、発芽しやすくなるのだと思う。

種子をそのまま()いたものと、酸に漬けたりサンドペーパーで傷付けてから播いたものとで、発芽率を比較してみると面白いと思う。 消化管を通してみる実験はちょっとイヤだからね。 ウチの場合、庭に種子を播くと必ず掘り返すヤツ*2がいるので、この手の実験は難しいなぁ。

2014年3月29日、静岡県沼津市

拡大

2014年3月29日、ミツバアケビの花が咲いていた。

このところ毎年、庭のフェンスにからみついているミツバアケビのつるを、冬の間に取り去っていた。 この冬は何となく億劫で放置していたら、サクラの咲くころにミツバアケビも花をつけていた。

大きな紫色の花が雌花である。 バナナのような雌しべがやがてオイシイ果実となる。

ブドウの房のように下がっているたくさんの花が雄花である。 雄しべがミカンの房のように丸くなっている。

何だか他の果実で例えるような形ばかりだなぁ。


*1 最初の写真で、果実の左に写っている黄色い葉は、ミツバアケビのものではない。ヤマイモの葉である。そろそろヤマイモも食べごろか……もう1年くらい待とうかな。
*2 もちろん、こんのことである。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-03-29 (土) 15:42:33 (1184d)