ホトトギス

2014年9月29日ホトトギスの花

拡大

名前の由来は、花びらの斑点が鳥のホトトギスに似ているから……だそうだが、似ているか? 鳥のホトトギスの胸の模様は、どちらかというと横縞だと思うが……。

玄関先に咲く

数年前から、秋になると玄関先で紫色の斑点を散らした花を咲かせる。

2014年9月29日玄関先のホトトギス

拡大

山では、林の中の登山道の脇など、半日蔭で地表の不安定なところに生える。 ウチの玄関は北側なので、似たような条件なのだろうか。

毎朝のこんの散歩から戻るたびに、増えていく花の写真を撮ってみた。

2014年9月30日玄関先のホトトギス

拡大

▲2014年9月30日

2014年10月1日玄関先のホトトギス

拡大

▲2014年10月1日

2014年10月2日玄関先のホトトギス

拡大

▲2014年10月2日

2014年10月2日玄関先のホトトギス

拡大

▲2014年10月4日

2014年10月8日玄関先のホトトギス

拡大

▲2014年10月8日

2014年10月9日玄関先のホトトギス

拡大

▲2014年10月9日

開花のさまざまな段階

蕾から開ききるまで、さまざまな状態が見られる(すべて2014年10月2日に撮影)。

中央に開き始めた蕾が見える

拡大

▲中央に開き始めた蕾が見える。

ユリ科なので、がくが3枚、花びらが3枚ある

拡大

▲ユリ科なので、がくが3枚、花びらが3枚ある。

右端の花は雌しべの子房が果実になりつつあり、長く伸びている

拡大

▲右端の花は雌しべの子房が果実になりつつあり、長く伸びている。

果実と種子

果実

ホトトギスの果実

拡大

2014年11月30日、葉はすっかり枯れ、果実も色あせて先端が開いている。 ユリ科らしく、三つに割れている。

種子

ホトトギスの種子

拡大

2014年12月13日、果実を振るとカサカサと音がするので振ってみると、種子が出てきた。 この写真では、色や形がゴマのようだが、実際にはゴマよりも少し赤みを帯びていて、平べったく、小さい。 おそらく多少は風に運ばれるだろうし、水にも浮くだろう。

参考

科学的逍遙日誌


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-12-14 (日) 15:37:03 (983d)