ヒルザキツキミソウ

ヒルザキツキミソウ

明るく華やかな庭を目指したが……

上の写真は、2005年5月の庭の一隅である。 前年秋にタネを播いておいたら、もう、これでもかというくらいにヒルザキツキミソウが咲いた。

次の写真は、2006年6月の庭である。 こんが走り回り顔を突っ込み引っこ抜くので、花壇部分が縮小した。

(部分的に)花咲く庭のこん

そして2007年……。

タラノキの根元でヒルザキツキミソウに寄り添うタヌキ

ついに庭はほぼ全面的にこんの運動場となり、ヒルザキツキミソウはタラノキの根元でタヌキに寄り添って咲くまでに落ちぶれてしまった。

ま、いいけどね。 ウチのヒルザキツキミソウは花が大きくて大味な感じだし、ユウゲショウが代わりにニッチ(生態的地位)を占めてるし。

ウチの庭では、背の高くなる草花は、ヒトにもイヌにも雑な扱いを受けてしまうのだった。

庭から脱走

庭に居場所のなくなったヒルザキツキミソウは、十数メートル離れた玄関脇へと移動した。 もちろん、歩いて行ったわけではなく、こぼれ落ちた種子が、雨水や靴の裏に運ばれたのだろう。

ヒルザキツキミソウとユウゲショウ

……というわけで、玄関脇の花壇の隅に、ヒルザキツキミソウとユウゲショウが並んで咲いている。

ある朝、ふと一輪のヒルザキツキミソウが目にとまった。

花びらに穴の開いたヒルザキツキミソウ

拡大

花びらにまん丸な穴が開いている。 それも、4枚の花びらすべてに同じ大きさの穴が開いている。

たぶん、つぼみのうちに虫に食われたのだろう。

天敵出現?

2011年6月、今年も玄関先にヒルザキツキミソウが咲いた。 逃げ出した栽培植物なのに、日本原産の植物を押しのけて、よく咲くこと。

2011年のヒルザキツキミソウ

拡大

外来種が野生化すると、日本原産の植物の生息場所が失われる。 外来種には天敵がいないので、のさばるのだよなぁ……と思いながらよく見ると、葉の元気がない。 何かに食われているようだ。

よく見ると、ヒルザキツキミソウの葉の元気がない

拡大

青色の金属光沢のある、小さなハムシがついている。 ダイコンサルハムシだろうか?  ダイコンやキャベツなどのアブラナ科の作物を食害する害虫である。

ヒルザキツキミソウの葉を食べるダイコンサルハムシ?

拡大

こうして、外来種にも天敵が出現し、「のさばる」事態が防げることもあるのだ。

参考

元祖【科学的逍遙


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-06-05 (日) 22:09:00 (2999d)