ヒガンバナ

20060922沼津市にて

ヒガンバナは、存在を突然主張する

2007年9月17日の朝、こんの散歩のとき、用水路の脇にヒガンバナが咲いていることに気付いた。 前日は咲いていなかったので、まさに「存在を突然主張する」ようである。

夏の間、葉がなくて、いきなり花茎(かけい)を伸ばして赤い花を咲かせるので、目立つのだろう。 上の写真でも、ヒガンバナの周りの葉は、別の植物(スゲの類?)の葉である。

ヒガンバナは夏の間、球根(より正確には、鱗茎(りんけい))の姿で休眠しているのだ。 夏は草同士の日光の奪い合いが激しいからね。 あえて競争のリングに上がらないのである。

夏草の勢いが弱ってきたころ、鱗茎に蓄えていた栄養分を使って、一気に花茎を伸ばす。 花が終わるころ、細長くて厚めの葉を広げる。 厚めで霜に強い葉をたくさん広げて冬の日光を受け、夏を眠って乗り切るだけの栄養分を作るのである。

参考

日誌

科学的逍遙日誌

20050921長泉町にて、白花のヒガンバナを見た
白花のヒガンバナのクローズアップ

元祖【科学的逍遙


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-09-20 (木) 23:15:37 (4288d)