ナガミヒナゲシ

20130418ナガミヒナゲシ

拡大

野生化した栽培種?

道路の縁や空き地などで見かけるオレンジ色のポピー(ヒナゲシ)。 果実が多少細長いので、「長実」ヒナゲシというわけ。

20130429空き地のナガミヒナゲシ。まわりにたくさん生えているのはゲンノショウコ

拡大

じつはヨーロッパ原産の帰化植物である。

砂利敷きの駐車場などに生えるのは、水分が乏しくても耐えられるからか、表土が安定しない場所を好むからか。

20130418ナガミヒナゲシとマツバウンラン

拡大

ウチの近所では、同じく帰化植物のマツバウンランと混ざって花を咲かせている。

ヨーロッパから来たナガミヒナゲシと、北アメリカから来たマツバウンランが、日本で咲き競っている不思議……。

風に揺れる花

北アメリカといえば、アラスカの氷河から流れ出る小川のほとりで、オレンジ色のヒナゲシを見かけた。

Arctic Poppy

拡大

細い茎の先の大きな花が強い冷たい風に揺れていたが、けして折れることはないのだった(たぶん)。

果実と種子

20130519ナガミヒナゲシの果実

拡大

5月半ばになると、ナガミヒナゲシの果実の色が黄緑色から白っぽく変わってくる。 傾けると、種子がこぼれ出る。 「けしつぶ」と呼ばれるとおり、小さな種子である。

上の写真をよく見ると、果実の先端にある「ふた」の下に小さな穴が開いていて、そこから種子が出てくることがわかる。

20130519ナガミヒナゲシの果実の断面

拡大

果実の一部を切り取ってみた。 内部に仕切りがあり、種子がぎっしり詰まっている。

20130519茎の先のナガミヒナゲシの果実

拡大

ナガミヒナゲシの果実は、長い茎の先についている。 長い茎が風に揺れ、果実の先の穴から種子がばら撒かれるのだ。

参考


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-05-19 (日) 18:33:00 (2281d)