タラノキ

新芽(タラノメ)

庭のタラノメ

毎年、サクラの花の咲くころ、タラノキの新芽を楽しむ。 もちろん、見て楽しむのではなく、食べるのである。

2013年3月23日、タラノキの芽を収穫

拡大

2013年3月23日、タラノメを収穫。この時期は同時にカキの新芽も食べる。今年はどちらも少し小さいかな。

ちなみに、上の写真の奥のほうにタラノキが写っている。根元に館林のタヌキの置物が置いてある。

2013年3月23日、タラノメの天ぷら

拡大

夕食はタラノメとカキの芽の天ぷら、サクラエビとシラスの掻き揚げ。 最初は塩で、次に大根おろしとポン酢でいただく。 塩も今日は梅塩にしたが、わさび塩でも旨い。

果実

2008年11月1日、タラノキの実がたくさん実った

拡大

庭のタラノキにたくさんの実が生り、ヒヨドリやメジロが食べに来る。

よく見たらカメムシが

……たくさんいるよ。

タラノキの実にカメムシが

拡大

葉っぱにもいっぱいいる。

タラノキの葉にもカメムシが

拡大

幼虫は人面である。

タラノキの葉にもカメムシが

拡大

樹液

高さ2mに達しようという庭のタラノキを、2008年の大晦日に切って、1.2mほどにした。 あまり高く繁ると隣家にも迷惑だしね。

それから三日後、樹液が固まって氷柱(つらら)のようになり、朝日に輝いていた。

タラノキの樹液が朝日に輝く

拡大

この樹液は、樹皮を傷付けたときにも出てくる。 最初は、やや黄色みを帯びた粘っこい(しかし手につけてもベタベタしない)液体である。 舐めてみるとほのかに甘いので、糖分が含まれているのだろう。

固まった樹液には弾力がある

拡大

切り口に樹液が盛り上がっているので触ってみた。 ゴムのような弾力があった。

この樹液は吸水性高分子らしく、雨上がりに見ると、ぶよぶよに盛り上がっている。

雨上がりに見るとぶよぶよである

日が当たると乾いて、また透明なゴム状に戻るのである。

参考


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-23 (土) 23:27:22 (2401d)