スミレ

2004年4月10日、沼津にて茶畑のスミレ

拡大

スミレ

植物にしろ動物にしろ、種の名前が通称と同じ、という例は少ない。 「カモシカ」とか「サル」とか「タンポポ」とか、そういう種名の生物はないのである。ニホンカモシカとかニホンザルとかトウカイタンポポとか、そういう具合な種名が多い。

その中で、スミレは修飾なしの「スミレ」が種名であり、属名であり、科名でもある。

側弁の基部に毛が生えている

地上を這う茎はなく、地べたから葉と花柄(かへい)が伸び、紫色、いやすみれ色の花を付ける。 よく見ると、5枚の花びら(花弁)のうち、左右の2枚(側弁)の付け根に毛が生えている。

庭のスミレ

2009年3月29日、庭のスミレ

拡大

スミレは春先の草地などに見られるが、庭に咲かせるのは難しい。 春先に他の植物の陰になるようなところからは消え去り、意外なところ、例えばや舗装のすき間などに移動してしまう。 もちろん、庭のスミレが歩いて移動するわけではなく、こぼれた種子が雨水や靴の裏の土などに運ばれるのだろうが。

上の写真のスミレも、三年前とは2メートルほど離れたところに移動した。 三年前にはヒメシャラの下に、トウカイタンポポと並んで生えていたのだが、そこではトウカイタンポポが巨大な株となったので、春先の競争に負けてしまったのだろう。 現在地はカツラの木の下で、ここはしょっちゅう草刈りするため、競争相手が少ないのだ。

さて、庭のスミレをよくよく見ると、本当のスミレ、つまり Viola mandshurica ではないようだ。 側弁の基部に毛がないことから、ノジスミレと思われる。

側弁の基部に毛がない

スミレいろいろ

タチツボスミレ

20050430長野県富士見町の雑木林にて、タチツボスミレ

拡大

人里でも山の中でも見かけるスミレ。 上の写真のタチツボスミレは花の色が青っぽいが、もっと赤みを帯びたものもある。

20050430産卵後、スミレで吸蜜するヒメギフチョウ

拡大

長野県富士見町の雑木林で見かけたヒメギフチョウは、タチツボスミレの蜜を吸っていた。

アケボノスミレ

20050430長野県富士見町の雑木林にて、アケボノスミレ

拡大

鮮やかな花の色が早春の林の中で目立つスミレ。 花が咲くころには葉が伸びきっておらず、巻いている。

ヒョウモンチョウの食草

スミレ類はヒョウモンチョウ(豹紋蝶)の幼虫の食草である。 よく、スミレやパンジーの葉にツマグロヒョウモンの幼虫がついているのを目にする。

パンジーを食べているツマグロヒョウモンの幼虫

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-04-25 (土) 22:28:35 (3802d)