コデマリ

コデマリの花

庭のコデマリが花盛りである。 小さな花が集まって、こんもりとドーム状になっている。 花序(かじょ)(花の集まり)は、ほとんど葉を(おお)い隠してしまっている。

はて、こんなふうに覆われてしまって、葉で光合成ができるのだろうか、と思って、花序を下から眺めてみた。

下から見上げたコデマリの花序

花が白いので、光はけっこう透けてくるようだ。 多分、光合成に必要な量と波長の光は、花びらを透過して葉に届くのだろう。

それだけでなく、花が葉を覆っていることで、ドーム状の内部の空気が暖まるのではないだろうか。 風が通り抜けているようなので、それほどポカポカにはならないだろうが、ドームの中にクモが居たりするのをみると、居心地は良さそうである。

さらに、花が排出する二酸化炭素が葉の光合成の原料になったりしないかなぁ、などと考えてみた。 まぁ、このへんは思い付きに過ぎない。 風の弱い日にドーム内の二酸化炭素量を実測すると面白いのではないかと思うが、測定する手段がないしねぇ。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-04-16 (月) 21:06:50 (4452d)