カニクサ

2009年6月6日、ウチのウッドデッキにて。 これは何か?

カニクサの若い羽片

拡大

長く伸びたつるからちょろりと出ている。

カニクサの若い羽片と、からみあったつる

拡大

数本のつるがからみあって、互いに支えあって宙に伸びている。 さて、これはどのような植物なのか?

つる性のシダ

最初の写真で丸まっているのは羽片(うへん)と呼ばれる葉の一部で、広がると次のような具合になる。 こうなると葉っぱらしいね。

カニクサの展開した羽片

拡大

これは珍しいつる性のシダ、カクニサである。 大きさがわかりやすいよう、こんの前足と一緒に写してみた。

驚異の葉

ウッドデッキを横断する勢いのカニクサの葉の中肋

拡大

少し引いて全体を見るとこんな具合。 カニクサは、ハーブのヘンルウダ(ルー)の繁みの中から伸びて、幅90cmのウッドデッキを横断する勢いである。

カニクサの「つる状の茎」のように見える部分は、じつは葉の中肋(ちゅうろく)、つまり葉の中央の葉脈である。 つまり、カニクサの1枚の葉は、長さ2メートルにおよぶ長大なものなのだ。

カニクサの1枚の葉の全容

拡大

いやはや、こんな庭先の雑草にも、大自然の驚異があるのだ。 いや、小自然かな?  それに、取っても取っても生えてくるから、脅威でもあるけどね。

葉だという証拠

本当にこれが1枚の葉なのか?  ……という疑問を持つのは正しい。 何でも、疑いを持って見ないとね。

そこで、茎と複葉の軸の区別をどうやってつけたら良いか、考えてみよう。 中学・高校の理科・生物の教科書レベルなら「断面を見る」という方法がある。 茎なら、維管束(いかんそく)が輪のように並んでいるが、葉の軸の維管束は一つだけである(シダの場合、科によって茎の維管束の並び方がいろいろあるが)。

被子植物の茎と葉の維管束

しかしそんな面倒な、顕微鏡が必要な方法でなくても、茎と葉の軸の区別が付けられる。 茎の場合、葉の付け根から芽が出る。 茎は、分岐しながらどんどん伸びて行くようにできているのだ。 葉の軸の場合、小葉(シダの場合は羽片)の付け根から芽が出ることはない。 葉は、展開してしまったらそれ以上伸びないのである。

カニクサの羽片の付け根……矢印の先に芽はない

拡大

カニクサの羽片の付け根を見てみよう。 上の写真の矢印の先に、芽は見当たらない。 分岐の部分は、つるんとしている。

カニクサの羽片の中央に見える芽のようなものは、これから展開する葉である

拡大

よくよく見ると、羽片の中央に芽のようなものが見える。 ゼンマイのように巻いている。 これは、これから展開する葉である。 茎のように分岐しながら先へ先へと伸びて行くのではなく、丸まっていた葉が展開して行くのだ。

つまり、カニクサの1枚の葉は、展開すると2メートルほどになるようにあらかじめ準備してあるということになる。 「つる状」ではあるものの、際限なく伸びるヤブガラシやクズとは違うのだね。

緑のカーテンに使ってみた

2012年夏、カニクサを緑のカーテンの一部に使ってみた。

次の写真の三種類のつる草のうち、右端がカニクサである。 中央は「青いスイートピー」、左端はフウセンカズラである。

2012年7月29日、ようやく緑のカーテンらしくなってきた

拡大

カニクサは伸びるのが早いが、台風の潮風にやられるし、つるが木化して網から外すのに苦労したので、来年はやめようと思う。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-01-05 (土) 17:22:42 (2355d)