カタクリ

ヒメギフチョウの林に咲くカタクリ

拡大

スプリング・エフェメラル

カタクリは代表的な早春植物(スプリング・エフェメラル)である。 早春の明るい雑木林の林床(りんしょう)に2枚の葉を広げ、ピンク色の花を咲かせる。

林の木々が芽吹いて林床が暗くなるころ、地上部は枯れ、長い休眠に入る。 早春の間だけ、陽光を浴びて光合成し、地下の鱗茎にデンプン*1を蓄える。 そうやって少しずつ成長するため、種子から芽生えてから花を咲かせるまでに7年ほどかかる。

北国の植物、ではない

北国に春を告げる植物と思われているカタクリだが、北国や山に特有の植物ではない。 千葉県柏市にも、雑木林の林床に咲くカタクリの群落がある。

柏市逆井のカタクリ

拡大

林床の植生が暖地のものなので何となく違和感があるが、開発が進む前の日本の雑木林では、どこでもカタクリが見られたのだろう。

カタクリはサクラ(ソメイヨシノやヤマザクラ)が咲くころに花開く。 柏市のカタクリも、やはりサクラの季節に咲く。

参考


*1 このデンプンが正真正銘の「片栗粉」である。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-04-29 (水) 23:45:52 (3766d)