ウキクサとオオカナダモ

日誌/2006-08-10に書いたとおり、ウキクサは草だが、オオカナダモは()じゃない。

ウキクサ

ウキクサ

写真には、大きめのウキクサ(Spirodela polyrhiza)と、小さめのヒメウキクサ(Spirodela punctata)が写っている。 ともにウキクサ科の植物で、平たい葉と裏側の根しかないように見えるが、じつは、葉のように見えるものは葉ではない。 茎が変化した葉状体(ようじょうたい)である。

小さな花が咲くそうなのだが、見たことがない。 まぁ、ものすごく小さいからねぇ。

オオカナダモ

オオカナダモ

オオカナダモ(Egeria densa)は、藻ではなく草である。 アルゼンチン原産のトチカガミ科の植物で、水槽の植栽などとして輸入されたものが逃げ出した(?)ものだ。 ワシのウチの近くの水路では、7月の末から花を咲かせる。 花が咲くことこそ、草、つまり種子植物の草本(そうほん)であることの証明である。

写真では見にくいが、さしわたし1〜2cmの白い花が、水中や水面で咲いている。 じつはすべて雄花で、種子ができることはない。 日本に帰化しているオオカナダモは、すべて雄株なのだ。 つまり、すべてクローンなのである。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-08-10 (木) 23:58:32 (4788d)