芝生幻想

ワシはゴルフ場が好きではない(本/宗像教授伝奇考参照)。

だが、ウチの庭は芝生である(理想の庭)。

これは矛盾ではないのか?

じつは、芝生とはいえ、ウチの庭は「生物多様性」においてゴルフ場などの芝生とは大きく異なるのである。

盛夏

盛夏のウチの庭は、一見、緑の芝生となっている。

2013年9月1日、庭の芝生

拡大

だが、よく踏むところ以外には、カタバミやらメヒシバやらイヌタデやらツユクサやら、たくさんの「雑草」が生えている。

2013年9月1日、カタバミやらメヒシバやらも茂る。中央は

拡大

当然、虫たちもたくさん居る。 上の写真には、中央にカタバミを食草とするヤマトシジミが写っている。

虫を食べるトカゲやクモもたくさん居る。

ヒメコウライシバを植えて1〜2年の間、シバツトガなどの食害、さび病などの病気に悩まされたが、ここ数年は手当てをしていない。 伸びたなぁ、と思ったら刈るだけである。

たくさんの生物が棲み、生物多様性の度合いが高いので病虫害が発生しにくいのではないかと思っている(個人の感想です)。

なにしろ、ウチの庭はこんの憩いの場でもあるから、殺虫剤や殺菌剤を使えないのである。

早春

冬から春にかけて、ヒメコウライシバの地上部は枯れる。 しかし、シバ以外の植物が多いウチの庭には、多様な植物が花を咲かせる。

2013年3月18日、タンポポやハナニラの花咲く芝生でまどろむこん

拡大

参考

科学的逍遙

科学的逍遙日誌


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-01 (日) 12:31:07 (2116d)