似非科学とは

マイナスイオンとか波動とか酵素とかいった用語や、機械装置を駆使して科学的であるかのように装いながら、じつは根拠のない商売のこと。

目的は、金儲けや宣伝。

似非科学と科学の対比表

似非科学を見分けるための基準、または、だまされないための七つの判定基準

科学似非科学
新しい証拠があれば喜んで考えを変える考えを変えない
同僚(同じ分野の研究者)同士で情け容赦のない評価をする同僚同士の評価はなし
すべての新発見を考慮に入れる都合の良い発見だけを選ぶ
批判を歓迎批判を陰謀とみなす
証明可能な結果再現性がない
限定された有用性を主張幅広い有用性を主張
正確な測定おおよその測定

出典:高橋真理子「エセ科学 見分けるための七つの基準」朝日新聞2014年1月8日朝刊「記者有論」

非科学との違い

非科学的な言説は、科学的であるかのように装わないが、似非科学(エセ科学、ニセ科学)は科学的であるかのように装う分、タチが悪い。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-01-09 (木) 21:53:05 (2081d)