死体

以下、死体の写真あり。 そんなもの見たくない、という人はご覧にならないほうがよかろう。

さて、山を歩いていると、死体に出会うことがままある。 ヒトの死体に出会ったことは、幸いにして、ない。 友人から、丹沢ニホンジカの生態調査をしているときに白骨化した首吊り自殺死体を見つけた話を聞いたことがあるが、「あぁ、あの沢か」という感じで、何度か歩いたことがある場所だった。

……というように、山歩き、しかも登山道や観光地でないところを歩き回るという経験を何度もしていると、いつ出会ってしまってもおかしくはないよなぁ、と思っている。 ときおり、ニュースで「車が林道から転落しているのが見つかった」とか「遺体を山林に放置した」とか報じられたとき、「あ〜、あそこ、何度か行ったことのあるトコの隣の沢じゃん」なんてことがある。 これまで出会うことがなかったが、今後あり得るかも、と思うと、あまり気分はよろしくない。

気分を変えて、ヒト以外の死体の話。 死体と言っても、昆虫やヘビの死体では、出会ったところでビックリしない。 やはり、ビックリするのはウサギよりも大型の哺乳類の死体である。

タヌキ

死体と言っても骨になっていると、「おっ」とは思うが、それほどビックリはしない。 「おっ」の中には、「ラッキー」という気分も入っている。 キレイな骨になら、そのまま標本になるからだ。 ……というわけで、学生時代に丹沢で見つけたタヌキの頭骨。

タヌキの頭骨

5月の沢沿いの道で、頭骨が半分土から出ているのを見つけて、掘り出したのだ。 付近に背骨などもあるようだったが、とりあえず頭だけ持って、山小屋に帰った。 すると、話を聞いた先輩が「そのタヌキはワシが前の冬に埋めたものだ」と言った。 道の脇で死んでいるのを見つけて、埋めておいたものだったのだ。

ニホンジカ

骨になっていても、ビックリする場合がある。 大学生のとき、ニホンジカの生態調査のため丹沢の名もない沢を下ったことがある。 下流で合流する何本かの沢を、沢ごとに一人ずつ、足跡や糞を探しながら下る。 同時に、その沢に棲むシカを下へ追い出すことになるので、出てくるシカの数を下流でカウントするのである。 もちろん、沢を下るのは下級生で、下流の合流点で待つのは先輩である。

沢というものは、普通、登るものであって下るものではない。 下がどうなっているか見えなくて危険だからだ。 ヤブを漕ぎながら進んで行くと、ガケがあったりする。 まぁ、ガケといっても2メートルくらいだったら、思い切って飛び降りてしまう。 そのときも、小石だらけのガレ場に向かって、2メートルほどの岩の上から飛び降りた。 すると、登山靴の下で、何かグシャリと砕ける感触がして、静まり返った沢に乾いた音が響いた。 若いニホンジカの頭骨を踏み砕いてしまったのである。

これには少々ビックリした。

逆に、けっこう新鮮なシカの死体を見つけて、食べようかどうしようか悩んだこともある。 11月の足尾山地。 林道沿いにメスジカの死体がある、と同じ山でツキノワグマの調査をしている人から聞いて、ニホンカモシカの調査に訪れていた仲間と見に行った。 落石にやられたのか、鼻血が出ているほかは外傷も見当たらない、きれいな死体だった。 いつ死んだのかは不明だったが、「眼球がしぼんでないから新鮮だろう」とか「肢を楽に動かせるから、死後硬直が解けている」とか色々な意見が出た。 腹が膨らんでいるようなので、子供でもいるのかと押してみたところ、鼻血が鼻提灯になった。 しかも、すごい臭いがしたのだった。

腸内の発酵が進んでいるからバラすのも大変なのでは、ということで、死体はその場に埋めた。 半年後の5月、掘り返すとキレイな骨格だけになっていた。 その骨は、仲間のうちの高校の教師をしているヤツが、ニコニコしながら持ち帰った。 完全な全身骨格標本が作れるからだ。

その足尾では、シカの死体だらけだった年もある。 雪が深く、移動やエサの入手(手はないけど)が困難になったためで、ガケの上やら沢沿いやら、あちこちで死んでいた。 仲間の中に、角や歯の「年輪」を調べているヤツがいて、その死体集めを手伝ったこともある。 ガケの下の雪だまりのように、とんでもないところに死体があったりして、取りに行ったワシも雪に埋もれて死ぬかと思ったもんである。

ニホンカモシカ

足尾山地には、多数のカモシカが生息している(「野生動物/ニホンカモシカ」参照)。 当然、カモシカの死体にも出会ったことがある。

ある年の5月の連休に、大きな沢の川原にテントを張って、周囲を歩いていたら、なんとなく臭う。 死臭である。 沢の上流へ、臭いのするほうへと行ってみると、ニホンカモシカの死体があった。

足尾山地で見つけたニホンカモシカの死体

3歳くらいの若いカモシカである。 ガケから落ちたのか、雪崩に巻き込まれたか、熊にでも襲われたか。 おそらく、死んだのは前の冬で、雪解けとともにキツネやタヌキに肉を食われたのだろう。

こんなふうに沢沿いの小さな川原にころがっていた

ニホンザル

別の年の5月、足尾の同じ沢の別の川原にて。 沢の支流の水源を探して歩いていると、前方からの視線を感じた。 一緒にいたカミさんも、やはり視線を感じて立ち止まった。 視線を感じたほうへ行ってみると……ミイラ化したニホンザルの死体があった。 その(うつ)ろな眼窩(がんか)が、ワシらのほうを向いていたのだ。

サルのように両眼視する動物の頭骨に出会うとドキッとする。 山の中でヒトの頭骨でも見つけた日には、もうビックリするだろうなぁ、やっぱり。

当時はカメラよりも肉眼で見て記憶することがマイブームだったので、写真はない。 なくて良かったよね?

ミイラ化した死体と言っても骨に毛皮や肉の残りがへばり付いているような状態で、かなり臭った。 しかし、サルの頭骨となると欲しがるヤツがいるだろうと思って、テント場に持ち帰った。 何しろ臭うので顰蹙だったが、理科の教師をしているヤツがぶーぶー言いながらビニール袋に詰めて持って帰った……と思う。

「思う」と書いたのは、ミイラ化した頭骨を持ち帰るなんてことは当時何度もあったからだ。 立派な角の付いたオスジカの頭骨(腐った肉付き)を持ち帰ろうとしたが、角が邪魔なのと臭いのとでクルマに積み込むのを断念して、ルーフキャリーに結び付けたヤツもいた。 そのまま首都高を走ったりしたのだろうなぁ。

カリブー

ところを変えて、アラスカ/デナリ国立公園。 公園とは言っても、グリズリー(ハイイログマ)の徘徊するウィルダネス(野生)の大地である。 ツツジ科の低木の「森」と地衣類からなるツンドラを散策しているとき、カリブー(トナカイ)の頭骨を見つけた。

一緒に行った仲間の中に、学生時代に丹沢でタヌキの死体を埋めた例の先輩がいて、この頭骨を持って帰りたがった。 国立公園内の動物の死体を持ち帰ってよいものかどうか判らなかったが、結局断念した。 とにかく大きくて重かったからだ。

アラスカ・デナリ国立公園で見つけたカリブーの頭骨

いかにも「自然に還って行く」という感じだ。 ただし、「ゆっくりと」である。 白く晒された角にはコケが生えているのに、土に埋まっていた部分には、毛皮とミイラ化した肉が残っていた。 永久凍土がすぐ下にある土地だからだろう。

地球上のどの場所であろうと、要する時間に多少の違いはあるだろうが、死体は生態系の物質循環の中へ還って行く。 そして、他の生命を(はぐく)むこととなる。 ビックリさせられることがあるものの、山に動物の死体が転がっていることは、必然的なことなのである。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-06-29 (日) 14:33:41 (2337d)