富士山

富士山は登る山ではなく眺める山か?

丹沢からの富士山

塔ノ岳からの富士山

拡大

丹沢・塔ノ岳からの富士山。

塔ノ岳から、富士山に沈む夕陽

拡大

塔ノ岳から、富士山の向こうに沈む夕陽を眺める。

夕陽に映える富士山頂の飛雪

拡大

富士山頂の飛雪が夕陽に映える。

大菩薩峠からの富士山

朝焼けの夏富士

拡大

大菩薩峠から、朝焼けの夏富士。 大菩薩からは、富士山の眺めが良い。 詳細は、山/大菩薩峠参照。

足尾からの富士山

2013年11月30日、長年通った足尾定点観察ポイントから、富士山が見えることに気付いた。

足尾の定点観察ポイント、アキオネピークからの眺め

拡大

左端のほうの備前楯山の右側に、遠くなだらかな稜線が見えた。 水平線でも地平線でもなく、山並みである。

左端に備前楯山、その右側の遠くになだらかな稜線

どこの山だろうと双眼鏡で見たところ……。 見慣れた形の白いものが見えた。

足尾から見た富士山

直線距離で160km離れた富士山が、はっきりと見えた。 手前の稜線は、大菩薩連嶺か雲取山か、そのあたりであろう。

足尾から富士山を見る

ウチの近辺からの富士山

静岡県東部、沼津・三島あたりからの富士山。

ウチから見た富士山

まず、ウチから見える富士山。2008年から2009年までの2年間、毎日朝の富士山を観察してみた。結果は「研究室/朝イチ富士山」を参照のこと。

2013年1月15日、雪に覆われた富士山と愛鷹山

拡大

ウチの近辺からだと、富士山は愛鷹山の向こうから半身を覗かせている感じである。2013年1月15日、首都圏を大混乱に陥れた大雪の翌日。ウチの近辺は雪など降らなかったが、富士山はもちろんのこと、愛鷹山も箱根も伊豆も、山々は真っ白になっていた。

月明かりの富士山

2012年11月28日、満月の夜。近所の公園を散歩していたら、富士山が月明かりに白く浮かび上がって見えた(科学的逍遙日誌月明かりの富士山」より)。

富士山に登る

かつて一度だけ、富士山の山頂を踏んだことがある。 以後は、(ふもと)をふらふらするばかりである。

水塚公園から山頂を望む

水塚公園から富士山頂を望む

拡大

富士山の中腹、標高約1500メートルの水塚公園から富士山頂を望む(2004年10月17日)。 宝永火口越しに、緑のない砂礫の山肌が望まれる。

宝永火口から山頂を望む

宝永火口から富士山頂を望む

拡大

宝永火口の縁から山頂を望む。 火口壁には、溶岩流の断面が見えている。 山頂への道は、一足ごとに崩れる砂礫である。

参考


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-12-14 (土) 16:21:53 (2014d)