丹沢(たんざわ)

神奈川県西部の山塊。

学生時代に足繁く通ったため、山行記録は残せないほど多数*1。 卒業後も主稜部・主脈を中心に何度か縦走したりしている*2

主稜部

塔ノ岳〜丹沢山〜不動ノ峰〜蛭ガ岳

丹沢・塔ノ岳からの正月の日の出

「大晦日に登って初日の出を拝もう」と思ったことがない。 なぜなら、山小屋がメチャメチャに混むからだ。 そこで、何度か正月2日にバカ尾根*3を登り、3日の朝を塔ノ岳山頂で迎えたことがある*4

太陽は三浦半島の向こうに横たわる房総半島から、いやその向こうの太平洋から昇るはずだったが、水平線には雲がかかっていた。 ようやく雲の上から顔を出した朝日を受けて霧氷が輝いていた*5

丹沢・塔ノ岳から相模湾に浮かぶ江ノ島を見る

拡大

身支度を整えて山小屋を出るころ、海は金色に輝いていた。 望遠レンズを通して見ると、その金色の相模湾に江ノ島が浮かんでいた。

丹沢・冬の稜線

拡大

夏は行列のできる縦走路も、冬となると手ごわい。 ピッケルがなくても何とかなるが、アイゼンはしっかりとしたものが必要だ。 凍えた手で10本歯のアイゼンを靴にくくりつけ、行く手の登山道を眺める。 前日の踏み跡は新雪に覆われ、稜線に伸びる浅いくぼみとなっていた。

塔ノ岳からの富士山

主稜部からは富士山の眺めが良い。 足元が切れ落ちている稜線や山頂から、低い山並みの向こうに聳える富士山を眺める。 数十キロ先、遮るもののない空間を隔てて向かい合うのである。

東丹沢

こんな山小屋を借りて、周囲の山の動物の調査をしていた

ニホンジカの生態調査のため、最も頻繁に通ったのが東丹沢の物見峠から札掛のあたり。 山小屋を借りて、そこをベースに植林の作業道やけものみちを歩き回った。

東丹沢・黒岩付近の紅葉

拡大

大学卒業後しばらくして林道が通り、風景が一変してしまった。 上の写真の木橋も、いまはない。 このあたりの沢の流れは見ていて飽きることがなく、何十分も睡眠術にかかったように見つめていたことがある。

流れから頭を出した岩の上で鳴くカジカ、銀色に毛皮を光らせて泳ぐカワネズミ、水面を掠めて飛んでいくカワガラス……。

山はまた、水に親しむところでもあるのだ。

東丹沢・一ノ沢峠付近の布川

拡大

参考


*1 ニホンジカなどの野生動物の生態調査のために通ったのである。「野生動物/観察」参照
*2 主に単独行。丹沢で低山〜亜高山の山歩きのノウハウを学んだので、その後の山歩きも亜高山までが多い。ワシはアルピニストでもピークハンターでもないのだ。
*3 大倉尾根の通称。麓の大倉から塔ノ岳までの尾根道をひたすら登って行くだけの単調なルートなので、こう呼ばれる。だいたい、途中でイヤになって「なんで俺はこんな辛いことをしているのだろう、バカだなぁ」と思うのである。
*4 山小屋のラジオで箱根駅伝の結果を知るのだった。
*5 上の写真には、霧氷の着いていない不自然なブッシュが見える。ひょっとすると、保存状態が悪かったのでポジに生えたカビかもしれない。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-31 (月) 14:50:51 (4281d)