大菩薩峠(だいぼさつとうげ)

大菩薩峠は東京都と山梨県の県境に位置する。

大菩薩峠の草紅葉

拡大

大菩薩峠(旧峠)から大菩薩嶺*1を望む。 10月、斜面の草原(くさはら)は黄色く色付き、草紅葉(くさもみじ)となる*2

大菩薩峠への道

そもそも大菩薩峠に登ろうと思ったのは、深田久弥の『日本百名山』で読んだからであった。 中央線塩山駅から朝一番のバスに乗り、登山口の裂石(さけいし)で降りた。

後に車で上日川(かみにっかわ)峠まで上がるというズルをするようになるが、登山口から真面目に歩くと、夏には大汗をかくことになる。

夏の峠への道

拡大

そんな夏の大菩薩峠への道を行くとき、ホッとするのは路傍の花々を見たり、鳥の声を聞いたりしたときだ。 ブナの林の中を行く道の端には、ソバナが咲いていた。 眼下の沢のほうからは、ミソサザイとコマドリの声が聞こえてきた。

シラカバの大木

拡大

やがて標高が上がり、道はシラカバやブナの林を抜けて行くようになる。

テントを張ったブナの林に朝日が差し込む

拡大

たまに、ブナの林の中にテントを張る。 朝日の差し込むころ、林の中はもやに包まれる。 ブナの林は水が豊かで、昨夜は樹雨(きさめ)が降っていた*3

大菩薩峠からの富士山

朝焼けの夏富士

拡大

大菩薩峠から、朝焼けの夏富士。前の晩に地上の星座だった甲府盆地は雲海の下。

花咲く稜線から望む夏富士

拡大

大菩薩は花の山。花咲く稜線から望む夏富士。

親不知から見た介山荘と富士山

拡大

峠の山小屋、介山荘(かいざんそう)*4から稜線を北へ。 親不知(おやしらず)に登り、介山荘を振り返る。 左の赤い屋根が介山荘、その背後の山は熊沢山、そして南大菩薩連嶺の向こうに、富士山。

秋の大菩薩峠(旧峠付近)からの富士山

拡大

秋には稜線は草紅葉に彩られる。 赤く色付いているのはナナカマド。 上の写真の左端のピークは親不知。

大菩薩峠の朝

峠の介山荘に泊まり、御来光を拝む。

御来光

拡大

夏の太陽は真西よりも北、奥多摩湖の方角から昇る。 湖は朝もやの中に沈み、奥多摩の山々がうっすらと姿を現す。 中央遠くに大岳山、その手前右に浮かぶのは三頭山。

このとき、振り返って西を眺めてみると……。 南アルプスに、大菩薩峠の影が映っていた。

南アルプスに映る大菩薩峠の影

拡大

いや、正確に言うと、南アルプス前衛の櫛形山のあたりの薄い雲がスクリーンとなり、大菩薩連嶺の影が映っていたのだ。

ちなみに、この写真の範囲で見えている南アルプスの主要な山々は、左から前聖岳、赤石岳、悪沢岳、塩見岳、農鳥岳、間ノ岳、北岳。 よく晴れた日には、北アルプスの乗鞍岳まで望むことができる。

御来光を拝んで満足して小屋へと戻ってしまう人は多い。 しかしここは、頭の周りをうるさく飛び回るブヨに辛抱しながら、もう少し留まってみよう。

朝もやの奥多摩

拡大

すると、谷間のもやは昇りながら次第にピンク色に染まる。 この一瞬の色の変化を見逃すのはもったいない。 そしてうまくすれば、小屋へと戻る稜線から西の雲海を見下ろしたとき、ブロッケンの妖怪*5にも会えるかも知れない。

参考


*1 標高2,057m、山頂は地元で黒木(くろぎ)と呼ばれるモミなどの針葉樹に囲まれ、眺望はない。
*2 中央の岩の露出した部分には、富士見新道と呼ばれる登山道があった。鎖場などがあり、振り返るといつでも富士山の見える面白いコースであったが、危険なため閉鎖された。
*3 樹雨は、霧の水滴が葉に宿ったものである。葉から滴り落ち、あるいは枝を伝って幹を流れ、林を潤す。
*4 介山荘のあるじの益田さんにはいろいろとお世話になった。子供が中学に入ってからは、部活やら勉強やらで夏休みに家族で山に登ることが難しくなり、すっかり足が遠のいてしまった。すみません。
*5 雲海に映った自分の影の周りに虹のような光の輪ができる現象。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-06-29 (日) 14:35:28 (4101d)