足尾

ニホンカモシカを探しに

定点観察ポイント

毎年足尾の山でニホンカモシカの生息数調査をしている。 林道沿いや尾根上に定点観察ポイントを定め、そこで1日、カモシカを探すのである。

定点観察ポイントP2より

上の写真は阿蘇沢沿いの定点観察ポイントNo.2(P2)からの眺め(拡大)。 2003年11月23日に撮影した写真を、デジタルカメラに付属していたソフトの自動パノラマ機能でつなげてみた。 このポイントは林道が尾根でカーブしているところにあり、正面が東、左が北(日光・社山)、右が南にあたる。南には遠く精錬所が見える。

上の写真の中央のピークも定点観察ポイント(通称アキオネピーク)である。 そこからの眺めが次の写真である。

定点観察ポイント「アキオネピーク」より

2013年11月30日にスマートフォン Arrows NX F-06E のパノラマ撮影機能を用いて撮影(拡大)。 この10年で、デジタルカメラも専用ソフトも無しでパノラマ撮影ができるまでに進歩した。

この写真の中央付近の林道のカーブが、その上の写真を撮った定点観察ポイントNo.2である。左端のほうには、160km離れた富士山が(双眼鏡を使えば)見える。

足尾の動物たち

公害の山

足尾の山が「カモシカの好む岩山」になったのは、足尾銅山から排出された亜硫酸ガスにより、森が枯れてしまったからである。

精錬所の北(足尾ダムの北)には村落があったのだが、今はわずかに墓碑が残るだけだ。

足尾・松木沢の村落跡

次の写真は、1985年頃の精錬所。 当時、すでに銅鉱石は採掘していなかったが、輸入した鉱石の精錬は行われていた。

1985年頃の足尾精錬所

精錬所からの煙は、北、そして北東の沢へと流れていた。 次の写真は、精錬所の北東にある沢から眺めたもの。

1985年頃、足尾の沢に精錬所の煙が流れる

拡大

緑を取り戻す山

2007年11月、上の写真を撮ったところより少し下の定点観察ポイントから写真を撮ってみた。

2007年11月24日、ポイント2からの眺め

拡大

むき出しだった稜線が、木々に覆われている。 植林や牧草の種子の散布など、地道な努力によって、山は緑を取り戻しつつあるようだ。

2007年11月24日、林道脇などで、木が倒れ、表土が流れて崩れているところも多い

拡大

緑濃くはなったものの、木が大きくなっただけなのだろうか?  表土が形成されていないので、容易に崩れてしまうように見受けられる。

足尾に通い始めて30年、それだけの期間を経ても、山が本来の姿を取り戻すには至っていない。 一度緑を失った山が、もとに戻るまでにはさらに長い時間がかかるのだろう。

参考

科学的逍遥日誌

元祖【科学的逍遥


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-12-05 (木) 22:22:58 (2027d)