MSR-GK

使用状態のMSR-GK

拡大

軽量・コンパクトなガソリンストーブ(コンロ)。 使用するときには、アルミ製の円形の反射板を装着するため、「エリマキトカゲ」と呼ばれる*1

燃料にホワイトガソリンを使用しているときには、厳冬期でも利用可能。 火力は充分で、単独行の場合には日帰りでもテント泊でも重宝した。

難点は、分解してコンパクトになる仕組みなので、使用するときには組み立てに時間がかかること。 MSRを組み立てて、火力を安定させ、ようやく五徳にコッヘル(鍋)を置くころには、数分が経過している。 ガスストーブなら湯が沸くかも知れない。

ポンプ部分を燃料ボトルから外したところ

拡大

燃料ボトルをそのまま燃料タンクとして使用する。 上の写真手前の灰色のポンプ部分を燃料ボトルにセットする。 手前右側の黒いつまみをポンピングして空気を燃料ボトル内に押し込み、銀色の丸いバルブを回すと、燃料(ホワイトガソリン)がノズルへと送られる。

ポンプ部分を分離し、脚を畳んだところ

拡大

ポンプ部分を本体(ノズル部分)から分離することができる。 さらに、本体の脚(五徳兼用)を畳むことができるのでコンパクトになる。

ちなみに、ノズルを換えると自動車用のレギュラーガソリンも使用できる*2。 また、灯油を使うこともできる*3


*1 そう呼んでいるのはワシの仲間だけであるが……。
*2 煤がものすごく出るそうなので、あくまでもホワイトガソリンがなくなってしまったときの非常時対応である。
*3 灯油はガソリンよりも発火点が低いため、プレヒートが必要となる。プレヒートはけっこうじれったいが、灯油のほうがガソリンよりも引火の危険が少ない。テントの中などで使用するときには、灯油のほうが安全かも知れない。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-15 (土) 23:02:24 (3928d)