プロミナーとは

本当は、興和のフィールドスコープの商品名なのかな?  野鳥や野生動物の観察をやっている連中の間では、興和の製品でなくても「プロミナー」と呼ぶことが多いように思う。

ちなみにワシは、ニコンのフィールドスコープを使っている。

足尾の定点観察ポイントにて

足尾の定点観察ポイントにて(日誌/2006-11-25より)。

↓上の写真とはまた別の定点観察ポイントにて(科学的逍遙日誌足尾へ行ってきた」より)。

2008年11月22日、足尾の定点観察ポイントにて

拡大

プロミナーで観察するコツ

覗き方

定点ポイントに三脚とプロミナーを据える

要するに地上望遠鏡だから、そのまま覗けば、遠くが見える。 だが、なかなかうまく見えないという人がいる。 そういう場合、だいたいは接眼レンズから目を離し過ぎているのだ。

接眼レンズのゴムが目のまわりを覆うように、目をつけてやる。 眼鏡を掛けているばあいは、ゴムを折り返す。

眼鏡用にゴムを折り返した状態では、裸眼だと見づらい。 ヘタに目を近付けると、目玉が接眼レンズに当たっちゃうからね。

照準の合わせ方

プロミナーの視野は狭い。 だから、あらかじめ見たいものに照準を合わせておく必要がある。 慣れないうちは、自分がどこを見ているのか判らないことすらある。

プロミナーの照準器

上の写真のように、プロミナーの種類によっては、照準器が付いている。 照準器といっても、レンズの軸と平行な溝*1にすぎない。

その溝が対象物に向くようにするのだが、そうやってから対象物が視野にピッタリ入っているようになるには、かなり経験が要る。

例えば、山の斜面の野生動物を観察するときなど、双眼鏡で見付けた動物をプロミナーで見ようとしても、なかなか視野に捉えられないものだ。

そこで、双眼鏡で見たときに、特徴的な目標物を覚えておく。 尾根のでっぱりとか、大きな木とか岩とか、そういったものである。

2008年11月22日、ニホンジカを発見。双眼鏡では、矢印の先にいることがわかったが、肉眼では見えない。

拡大

「尾根筋の切株から7時の方向に、ちょっとした草地があって、大きな木が3本並んでいる。 その下にニホンジカの群れがいる。」 というような具合である。

プロミナーを覗きながら尾根をたどるのは簡単なので、切株を見付けたら、そこから7時の方向に視野を移動する。 「7時の方向」とは、12時を上、6時を下とする、時計の文字盤を使った方向の表し方である。 つまり真下より少し左寄りに移動すればよい。

2008年11月22日、足尾の定点観察ポイントからプロミナーで捉えたニホンジカ

拡大

まぁこんな具合に見える。 プロミナーの接眼レンズに携帯電話のカメラのレンズを押し当てて撮ったので、鮮明さに欠けるが、20倍の視野や対象物の大きさはこんなものだ。

プロミナーで見てはいけないもの

プロミナーはいわゆる地上望遠鏡だから、像は正立である。 上下左右がひっくりかえったりしない。

そこで、星空の観察も天体望遠鏡より気楽にできる。 月や木星・土星などを観察するのに好適である。 ただし、太陽は絶対に見てはいけない。

野生動物や野鳥の観察のほか、天体の観察や、地形の観察に使っても面白いプロミナーだが、人間の観察はやめておこう。 とくに市街地では、怪しい人と間違えられないように注意が必要だ。

山でも、知らない人を観察してはいけない。 失礼だからだ。

……ということで、一緒に定点観察している仲間が、今どっちの方向を見ているのかなぁ、くらいを確認する程度にしている。 何しろお互いにこんな具合に見えるので、トイレに行くときなど、気をつかうのだ。

2008年11月22日、足尾の定点観察ポイントに立っているTさん

拡大

参考


*1 上の写真のデッパリの上中央に溝が掘ってある。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-01-25 (日) 21:25:58 (3796d)