テント

カモシカスポーツ エスパース・ミニ

足尾のカモシカ調査で川原にテントを張った(1980年代)

拡大

足尾カモシカ調査で川原にテントを張っていた(1980年代、営林署の許可を得て入山していた)。 写真は定点観察ポイント付近から撮影。 右下のいちばん小さなテントがエスパース・ミニ。 水色のフライシートにすっぽりと覆われている。

大菩薩峠の登山口の川原にテントを張った(1980年代)

拡大

大菩薩峠の登山口に近い仙石の川原にエスパース・ミニを張った。 エスパース・ミニは1〜2人用のドーム型テントである。 厳冬期を含むオールシーズン用で、フライシートが全体を覆うため、雨風に強い。 フライシートが前室をつくるため、靴やコンロを置けるのが良い。

テントを張ったブナの林に朝日が差し込む

拡大

大菩薩峠のブナ林の中のキャンプ場にて。

エスパース・ミニは軽量なので縦走にも適している。 北八ヶ岳を縦走したり、大菩薩峠をさまよったり、上越の雪の山中に泊まったり、日光中禅寺湖から足尾へ抜けたり、……キャンプ地を予め決めずに山を旅するとき、エスパース・ミニは大いに活躍した。

モンベル ムーンライト 5型

2002080813青森モヤヒルズキャンプ場にて

拡大

青森モヤヒルズキャンプ場にて。

5人用とはいうものの、親子四人と荷物で満杯になる。 A型フレームという、内部に仕込まれたショックコード(ゴムひも)でポールが勝手に骨組みを作る仕掛けになっている*1。 そのため、設営はきわめて容易。

テント本体はフレームに吊るされ、フライシートがフレームの上から覆う構造となっている。 そのためフライシートとテント本体の間に充分な空間ができるので、結露しにくく、また、雨に強い*2

風と雪には弱いので、スリーシーズン(春夏秋)用である。


*1 自動的に組み上がるというわけではない。ポールがジョイント部分に正しく装着されるように調整する必要がある。
*2 フライシートと本体の間に余裕がないと、フライシートがテント本体に貼り付いて雨が侵入したり、結露がひどくなったりするのである。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-06-29 (日) 15:18:25 (4005d)