西湖(さいこ)

山ではなくて湖だけど、山の中なので「山」のカテゴリに入れておく。

西湖は静かなので子連れカヌーに最適

拡大

風の音

西湖が好きなのは、水がキレイなことはもちろん、水上でエンジン音がしないことだ。 この点が隣の河口湖とは違う。 ウェイクボードや釣りのモーターボート、ウェットバイクなどが轟音と波をもたらすことがない。

カヤックで湖面を進むとき、聞こえる人工的な音は、湖岸の道路を行く車の音と、近くを通り過ぎるウィンドサーフィンの帆のばたつく音くらいだ。

それ以外は、鳥の声、魚の跳ねる音、子どもたちの歓声。

いや、風の音がする。 岸から遠ざかり、木々の葉のざわめきが聞こえなくなっても、風の音がする。 昨日は時折強い風が吹き、波頭が立っていた。 その波頭が砕けるときの小さな音も、風がもたらす音だ。

それは水の音で、風の音ではないだろうって?

考えてみれば、風そのものが音を発することはない。 風は、他の「もの」と作用することによって、音をつくるのだ。

(初出:科学的逍遙日誌 2004年9月21日「風の音」)

カヌーに持ち込めるカメラが欲しいとき

子供にはライフジャケットを着せておけば、楽しく水遊びできる

拡大

2005年9月19日、富士五湖の西湖へ、恒例秋のディキャンプに出掛けたときのこと。

子供にはライフジャケットを着せておく。 カヌーに乗って遊ぶときはもちろん、水辺で遊んだり、泳いだりするときも安心だ。 オヤジの漕ぐカヌーにつかまって泳いではしゃいだり。

さて、この日カヌーに乗っていて、防水のデジタルカメラが欲しいなぁ、と思った。

というのは、カヌー(ファルトボート)で岸から漕ぎ出したとき、暗い湖底から水面に向かって伸びる、何本もの「らせん」が見えたからだ。 その「らせん」はトチカガミ科の水草、セキショウモの花茎なのだった。

カヌーに乗るのに、携帯電話を持ってはいられない。 ふだん植物や昆虫の撮影に使っている OLYMPUS E-20 も、もちろんカヌーには持ち込めない。 こういうときには、生活防水程度でいいから、水に濡れても平気な、ちゃんとしたマクロ機能の付いた小さなデジタルカメラが欲しくなるのだった。

(初出:科学的逍遙日誌 2005年9月19日「お散歩カメラの条件」)

水底に潜むもの

西湖の水底に潜み、ときおり姿を現していたのは、セキショウモだけではない。

2010年12月、タレントのさかなクンがクニマスであることに気付いてニュースになった。 田沢湖から移植されたクニマスが潜んでいたことのだ。

西湖の岸辺で遊んでいると、足元に小魚が寄ってくる。 子供たちと捕まえようとした、その小魚の中にもクニマスの幼魚が混ざっていたのかもしれない。

(参考)科学的逍遙日誌 2010年12月29日「西湖の水底から」)


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-12-30 (木) 23:03:05 (3098d)