妖怪

幽霊との違いは何か?

幽霊は、人の霊魂があの世に行けずにこの世に残っているものだそうだ。 だから、死んだ場所の近くや家族のもとや、仇のところに出てくるのだという。

それに対して、妖怪やお化けは、人以外の動物や道具、自然界の精霊が「化けた」ものなど、何だか怪しいものだそうだ。 そこで、特定の人のもとに出てきたり、怨念を持って取り殺そうとしたりしないのだという。

……ということで、山/出会ってビックリ/幽霊に書いたモノは、妖怪だったのかも知れないのだが、ワシしか見てないし、人の姿だったので幽霊だということにしておこう。

深夜の笑い声

こんな山小屋を借りて、周囲の山の動物の調査をしていた

丹沢山塊のとある沢のほとりの山小屋に泊まったときのこと。 大学の先輩と泊まって酒を飲んでいたのだが、ふと話が途切れたとき、笑い声が聞こえた。 それも、数人の若い女性が、談笑するような声だ。

こんな夜中に変だなぁ、と先輩と顔を見合わせ、耳を澄ませていたのだが、笑い声は近づきもせず、遠ざかりもしない。 懐中電灯を持って外へ出てみたが、誰もいない。 星明りのもと、沢が水音を立てているだけだ。

小屋へ戻ってしばらくすると、また笑い声が聞こえる。 窓を開けて外を見るが、やはり誰もいない。

たぶん、沢の瀬音が風に乗って聞こえてくるとき、ちょっとした加減で笑い声のように聞こえるのだろう。 そう言えば、夜に小屋へ来る途中、懐中電灯の電池が切れてしまって沢沿いにビバーク(野営)したヤツがいた。 そいつはしょっちゅう、自分を呼ぶ声がするような気がして、捜索隊だと思い、いちいち答えていたそうだ。 その声も、やっぱり沢の瀬音だったのだろう。

まぁ、山の妖怪の正体などそんなものさ、ということになり、寝袋に入って寝ることにした。 寝入ってまもなく、すさまじい笑い声とともに小屋の扉が開き、ものすごい勢いで飛び込んで来たものが居て、ビックリして飛び起きた。 いや、飛び起きることはできなかった。 寝袋の上に圧し掛かってきたからである。

……大学のOBらが襲ってきたのであった*1

……結局、山では妖怪よりも人間のほうが怖いものなのである。

補足

最初この記事のタイトルは「もののけ」だったのだが、「物の怪」とは、死霊や生霊など、人に(たた)るものを言うらしいので、変更した。

……ん? すると、ジブリアニメの『もののけ姫』ってタイトルはヘンかもね。


*1 OBに襲われたのは、別の日だったかも知れない。いずれにせよ、当時よくある出来事ではあった。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-10-12 (木) 08:04:59 (4729d)