幽霊

山を歩いていると、不思議なものに出会うことがある。 しかし、ハッキリと明らかに「超自然的」なものに出会ったことはない。 たくさんの人が死んだり、殺されたりした場所を歩くこともあるが、「それっぽいもの」に遭遇したことはない。

足尾・松木沢の村落跡

村がまるごと滅んだところ(左の写真は足尾の旧松木村跡)とか、古戦場とか、墓地とか、自殺の名所とか、殺人のあったキャンプ場とか、強制労働の慰霊碑のあるところとか。

ワシはいわゆる霊感が弱いので気付かないだけなのか、それとも、霊など存在しないのか。 科学的には、生物学的な活動なしに精神活動はあり得ないと思うので、まぁ、存在しないのだろう、たぶん。

茅ヶ岳の怪

茅ヶ岳の深田久弥終焉の地

ところが一度だけ、非常に怪しい人影を見たことがある。 四半世紀前、社会人になって日が浅いころ、一人で登った茅ヶ岳でのことだ。

茅ヶ岳は、JR中央線や中央高速道路から見たときのシルエットが八ヶ岳に似ていることから「ニセ八ツ」と呼ばれる。 深田久弥の『日本百名山』には選ばれていないが、深田久弥が昭和46年、登山中に脳卒中で倒れた山でもある。

1706mの山頂を越え、隣の金ヶ岳(1764m)を過ぎて明野町(現在の北杜市)に向かって下り始めたとき、前方から登ってくる人影を認めた。 前方のカラマツの林を過ぎたあたりに見えた、赤い野球帽をかぶり、うつむいて登ってくる人影……。 ところが、なかなか行き会わない。 いつの間にか、人影を見たあたりを通り過ぎてしまった。

あの人は、どこへ行った?

一本道の登山道、脇道はない。 人の背丈くらいのカラマツの切り株を、見誤ったのだろうか。 そのとき、ぞっとした。

赤い帽子に見誤るものなど、何もなかったのに。

その後、長い長い下山路を辿りながら、自分が見たものを考えた。 あの人影は、幽霊やもののけではなく、やはり切り株か何かを見誤ったのだろう。 赤い帽子は、脳の創作に違いない。 尋常ならざる精神が、あり得ないものを見てしまったのだろう。 なぜなら、今回の登山は尋常ではなかったから。 ……それが結論だった。

尋常ならざる登山の詳細は「山/茅ヶ岳」に書く。

参考

hirax.net に、「恐怖!「心霊」を見つけ出すソフトウェア という記事があった。 ウチにあるいろんな山の写真を調べたら、「見つかる」かもねぇ。

jun hirabayashi さんの最後のコメントが良いですね。

…こんな「心霊」がいつも見えてたら、おちおち散歩もできそうにありません。「心霊」を見つけ出す能力は今回の「ソフトウェア」に任せ、やっぱり自分自身は、「心霊・お化け」が見えない弱虫理系野郎のままでいたい…と思った今日この頃、なのです。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-10-05 (木) 22:01:01 (4639d)