戦隊

もう四半世紀以上前のことになるが、丹沢(たんざわ)のある川沿いの林道を歩いていたときのことである。 そのときの写真はないので、同じ時期の、丹沢の沢の写真を載せておく。 その川はこの写真よりは大きな川で、川原にはもう少し大きな岩がゴロゴロしていた。

東丹沢・布川

その川原で、なにやら黒い服を着た人たちが跳ね回っているのが見えた。 近づいてみると、ただの黒い服ではなく頭までスッポリかぶったボディースーツで、くちぐちに「イーッ」とか言っている。

何だこの集団は? と思いながらも歩いていくと、疑問は氷解した。 赤や黄色の服を着た人たちがポーズを取り、撮影スタッフもいたのである。

「ナントカ戦隊」の撮影現場に行き会ってしまったのだ。

正義の味方の戦士の皆さんが地球の敵と戦っている背景に、でかいザックを背負ってポテポテ歩いている登山者が写ってしまい、全国のよい子がガッカリしては申し訳ない。 ……ということで、カメラの射線に入らないように林道のへりをそそくさと歩いてその場を去ったのであった。

そのときは、例のドカーンと土煙が上がるようなシーンはなかったようだが、丹沢山塊は国定公園なので、そうそうドカーンとやるわけにもいくまい。 きっと、ドカーンは別の場所で撮ったシーンを使うのだろう。

その後、「ナントカ戦隊」に行き会ったことはない。 しかし、テレビの特番などで「ナントカ戦隊」の爆笑シーンが流れるときに、「あー、ここはあの山のあの辺かな?」と思うことがある。 撮影しに行きやすい人の少ない川原、ドカーンとやりやすい荒地、戦士がジャンプしやすいガケなどは、限られているからだろうね。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-09-29 (金) 23:09:46 (4644d)