ヘビ

爬虫類(はちゅうるい)に触ってみよう

ニホンカナヘビ

上の写真は「カナヘビ(金蛇)」である。 ヘビという名前だが、ご覧の通りトカゲである。 カナヘビは、見ての通りウロコがギザギザしているので、触るとざらざらしている。 一方、ニホントカゲ(下の写真)のほうは、ツルツルのスベスベだ。

ニホントカゲ

ヘビも同様で、スベスベしていて大変に触り心地がよい。 手の中でもがくと、引き締まった筋肉が動くのが判る。 ひんやりしているが冷たくはなく、持ち重りがする。 カエルなどの両生類と違い、ベタベタでもヌルヌルでもないので、また触ってみたくなるのだ。

ジムグリ

……というわけで、山で出会ってビックリするのは、ワシではなくヘビのほうである(日誌/2007-04-26参照)。 関東や中部の山では、マムシとヤマカガシは要注意だが、そのほかのヘビはだいたい安全だ。 よく見かけるアオダイショウやシマヘビなら、捕まえて触ってみる価値がある。

……とはいえ、あまり小さな(幼い)ヘビだと、捕まえたときにビビッて粗相することがある。 全長10cmほどのアオダイショウの子供を捕まえたときには、手にオシッコを掛けられてしまった。 爬虫類のオシッコの主成分は、鳥と同じく尿酸(にょうさん)で、水に溶けにくく、どろっとしている。 そして大変に臭う。 水のない尾根道で被害にあったので、山を降りてキャンプ場の水場までの30分ほど、鼻をかむことも汗を拭くこともできなかった。

(参考)元祖【科学的逍遙】「QUIZ どちらがトカゲ?【解答】

マムシ

まだハブの棲むところには行ったことがないので、これまでに遭遇した毒蛇といえば、マムシとヤマカガシである。 ヤマカガシはよく見かけるが、あまり敵対的な性格でないらしく、ビックリしたこともない。 やはり、ビックリするのはマムシとの遭遇である。

マムシは里山に多い。 登山道の登り口を横切って、田んぼの脇の水路に滑り込んだ大きなマムシが、鎌首をもたげて振り返ってこちらを見たりすると、ドキッとする。

そういえば子供のころ、友達と草むらを歩くときには3番目にならないように牽制しあったものだ。 なぜなら、マムシは最初の一人でヒトが接近してきたことを知り、二人目で身構え、三人目に飛びかかるから……。

まぁ、なんてことのない子供の迷信である。 実際には、一人目だろうと三人目だろうと、近づきすぎたら飛び掛ってくる。

5月の雑木林を、ゼフィルス(ミドリシジミ類)でもいないかとぶらぶら歩いているとき、目の前の草むらでカラカラと音がした。 どこかで聞いたような音だな、と思ったら、昔の西部劇には付き物だった、ガラガラヘビ(ラトルスネーク)がシッポの先を振るときの音なのだった。

草の間をよく見ると、背中に菱形の模様が目立つ、大きなマムシが身体をS字に曲げてこちらをにらみ、シッポの先を振っていた。 マムシも「ガラガラ(ラトル)」を持っているのだ。 その音に気付かず、まっすぐ歩いていたらマムシに襲われていただろう。 まぁ、雑木林を歩くときの心構えとして、長袖・長ズボンに軽登山靴といういでたちだったので、毒牙が刺さることはなかったと思うが……。

いきなりマムシに威嚇されたので、とてもビックリした。 こういうときの対処法は、一つしかない。 ゆっくり後ずさりして、相手の攻撃圏内から去るのである。 出会ってビックリしたのはお互いさまなので、知恵のあるほうが穏便に済ませるしかないからね。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-04-28 (土) 15:38:46 (4434d)