ケモノ

野生動物観察するために、双眼鏡をぶら下げ、プロミナー(フィールドスコープ)を取り付けた三脚を担いで山に登ることがある。 そういうときに動物と出会うのは、当たり前である。 ……というか出会えなかったらガッカリである。

逆に、予想外の出会いは嬉しい驚きだ。 以下、そんな予想外の出会いのアレコレ。

ニホンカモシカ

足尾山地には、多数のカモシカが生息している(野生動物/ニホンカモシカ参照)。 そのカモシカの調査のため、定点観察ポイントに三脚を据え、フィールドスコープで沢の向こうの斜面を観察する。

定点観察ポイントにフィールドスコープを据える

こういうときにカモシカを見つけるのは、出会いでもなんでもない。 ところが、いくら探してもカモシカがいなくて、「出ないなぁ」と落胆しての帰り道、何か気配を感じて、ふと道の脇のガケの上を見上げると……。

ガケの上のニホンカモシカ

カモシカに観察されていたりするのである。

また、いつもやってくるルート*1とは逆に、日光中禅寺湖から社山を越えて足尾に向かったことがある。 社山の山頂にテントを張って一夜を過ごし、翌朝歩き始めてまもなく、遠くにカモシカを見つけた。

社山の山頂付近で見かけたニホンカモシカ

上の写真の中央にいるのだけど、わかるかなぁ。 拡大してみよう。

社山の山頂付近で見かけたニホンカモシカのクローズアップ

しばらくじっと見つめられたが、そのまま動かずにいたら、カモシカは向きを変えて斜面を降りていった。 どんなケモノとも、こんな具合に穏やかな出会いばかりならよいのだが。*2

夜のケモノ

日本の野生の哺乳類の多くは夜行性である。*3 そこで、昼間はまったく見かけないケモノにも、夜に出会うことがある。 ニホンカモシカもそうだし、ニホンジカ、タヌキ、テン、ムササビ、ノウサギ……。

ケモノたちは夜には大胆になり、人間が自分達の領分と思っているところにも現れる。 足尾ダムの近くの駐車場に車をとめて酒を飲んでいたら*4、キツネが現れた。

駐車場に現れたキツネ

懐中電灯を片手に山道を歩くと、なかなか面白い出会いがある。*5 そんな日本の山歩きの延長で、キジを撃つ*6場所を探しながらアラスカ・バルディーズの海沿いの道を歩いていたら、石油コンビナートの警備員(車で巡回していた)に怒られた。 サケが遡上するシーズンなので、アメリカクロクマやグリズリーに出会うおそれがあるというのだ。 これまでの人生の中で、最も出会いをおそれたキジウチであった。


*1 渡良瀬渓谷鉄道やクルマを利用して、桐生・大間々方面から入ることが多い。
*2 これは「出会ってビックリ」ではなかったね。
*3 または薄明薄暮(はくめいはくぼ)型だ。
*4 その後、駐車場にとめた車の中で寝た。
*5 幸いにして危険なケモノや幽霊妖怪とは出会ったことがないのだ。
*6 キジウチとは、登山用語で用便のこと。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-06-29 (日) 14:30:17 (4005d)