山で出会ってビックリしたモノ

山歩きは、少人数に限る。 大勢でわいわい歩いていると、その勢いでまわりの雰囲気が消されてしまう。 山の静寂も、山の住民も、姿を消してしまう。

山を少人数の親しい友人や、家族と歩くのもよい。 しかし、山のもつ雰囲気を存分に味わうには、一人が一番よい。

ということで、山の単独行では、時折ビックリするようなモノに出会うことがある。*1

以下、その記録である。


*1 国語辞典的には、人以外のものと出くわすときには「出合う」を使うものらしい。だが、ここでは「出会う」を使うほうがふさわしいと思う。このあとの記録を読んだ人なら、納得してもらえるだろう。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-11-11 (土) 21:43:18 (4604d)