献立(山の食事)

山でどんなものを食べるのか?  とくにいつも山用の献立を考えるわけではないが、参考まで。

調査行・オートキャンプ

足尾ニホンカモシカの調査などの場合。 車でキャンプ地まで行くので、自由度が高い。 オートキャンプでもほぼ同様。

ちなみに、カレーは作らない。 キャンプの食事というとカレーと思う人も多いようだが、カレーは山には不向きなのである。 後始末が面倒だからね*1

調査前夜

移動途中のサービスエリアで夕食を済ませる。 または、コンビニで握り飯などを買い、移動中または到着後に食べる。

調査当日の朝

キャンプ地ですばやく食べる。

調査当日の昼

観察用のポイント(山のてっぺんや斜面や林道の脇)まで歩き、そこで食べるので、背負って歩けるものに限定。

調査当日の夜

調査が終了して、あとは焚火を囲んでくつろぐだけなので、作りながら食べるものばかり。 同行のメンバーが肉を焼いたりキムチ鍋を作ったりするので、各自単品でも、全体では豪華である。

調査翌日の朝(帰宅前)

帰宅中の昼

こうしてみると、米の飯を焚くとかそういう手間のかかることを一切しないねぇ。 じつは、山で美味しいご飯を炊くのは難しいのである。 だったらわざわざ山で飯を炊かなくても、平地で美味しく食べればいいじゃん、という理屈なのである。


*1 カレーは鍋や食器にこびりつくからねぇ。水が潤沢に使えない環境では、トイレットペーパーで拭き取るといった、不愉快な対処法になるし。沢沿いのキャンプ地なら洗いやすいが、環境汚染になってしまうのだ。
*2 ガスストーブと言っても、住宅用の暖房器具ではない。携帯用のガソリンコンロのこと。
*3 調査ポイントまでの途上、30分も歩いてからサラミをザックに入れ忘れたことに気付いたときなど、かなりショックであった。「サラミ……、サラミ……」と呟きながら登る山道は辛かった。
*4 コンビーフの法則」参照。
*5 ポットには湯を入れるので、冷たい飲料はペットボトルで持って行く。アルミ製の水筒を持たないようになって久しいなぁ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-06-29 (日) 14:13:44 (4005d)