雁ガ腹摺山(がんがはらすりやま)

五百円札の富士山と、雁ガ腹摺山から撮影した写真を掲載した雑誌の一部(スマートフォンで表示)*1

五百円札の富士山と、雁ガ腹摺山から撮影した写真を掲載した雑誌の一部

山歩きも仕事だったころ*2

1984年9月9日の深夜。 運転手は怯えた声で、もうこの辺で勘弁して、という。

新宿発の夜行で大月まで来て、運良く大峠(おおとうげ)まで行ってくれるというタクシーが見つかったのはよかったが、運転手が途中でビビルとは思わなかった。

人のことを狐か何かだと思ったのだろうか?   タクシーは逃げるように林道を下って行った。

真っ暗な林道を歩くこと数分、たどり着いた峠で道標をポール代わりにツェルト*3を張ってビバーク*4

シュラフ*5を持ってこなかったので、寒くてなかなか眠れず、いろいろと考え事をした。

春まで勤めていた高校のワンゲル部の生徒を引率して、この近くの山*6でビバークしたこともあった。

今は嘱託社員として学習塾に勤め、理科の教材制作を担当しているが、「机上の勉強」に終始しがちなのが気に掛かる。 小学校から大学教養レベルまで使えるような「野外で学ぶ理科」といった本を創りたいなぁ……。

うつらうつらするうちに朝が来た。 雁ガ腹摺山(がんがはらすりやま)へと登る。

五百円札の裏に描かれた富士を眺め、山間の鉱泉を訪ねるのがこの日の「仕事」なのである。 実地に踏査してコースを確かめ、地図を作り、写真を撮ってガイド記事を書く。 ウォーキング専門誌*7の「特約レポーター」というサイドワークなのだ。

ササヤブの朝露でずぶぬれになったり、コースの判りにくいところにケルンを立てたりといった難儀はあったが、日の傾く前に踏査は無事に終了。 麓の宿のおばさんに雑誌記事の取材で来た旨を告げると、湯と食事とビールをおごってくれた。

すっかりいい気分になり、宿の一室でごろりと横になると睡魔に襲われた。

寝入ってしまう直前に考えた……明日は渋谷の専門学校で植物生態学の講義をするんだった*8。 予習をしてないけど、アドリブで何とかなるだろう。

それにしても千代田線に1時間もすし詰めになるのは堪え難い。 いつか、勤務先へも山へも30分以内で行けるようなところに住みたいものだなぁ……。


*1 紙幣をコピーしてはいけないが、一部を低解像度で載せても良いと判断した。マズイかな?
*2 以前、社内報に載せた記事の原稿である。
*3 簡易テント。軽い薄い寒い。
*4 野営。山の中など適当なところで寝ること。
*5 寝袋。別名モスラの幼虫。
*6 大菩薩峠である。
*7 現在休刊中。雑誌で「休刊」と言うと、ほぼ「廃刊」に等しい。
*8 いったい植物生態学を教えるような専門学校って何なんだ?という疑問をお持ちの方もいるだろうが、そういう専門学校もあったのだ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-09-08 (土) 22:13:09 (2570d)