茅ヶ岳(かやがたけ)

WikiPedia.ja:茅ヶ岳

地図(マピオン)

山梨県の山。標高1703メートル。「にせ八ツ」。

茅ヶ岳への登山は下記の1回のみ。

山行記録

1981年8月30日 曇りときどき雨 単独行

茅ヶ岳山頂
07:11
韮山駅発穂坂行バス発車
07:37
穂坂バス停
08:15
茅ヶ岳登山口
09:11
女岩
09:44
深田久弥終焉の地 雷鳴
10:08
茅ヶ岳山頂着 雲の中で展望ゼロ
10:30
山頂発
11:05
石門
11:51
金ヶ岳山頂 1764メートル 雨
途中誰とも行き会わず(山/出会ってビックリ/幽霊参照)。
15:36
明野村役場バス停発
16:00
韮山駅発

前日

このまま夏が過ぎるのが不満で急遽思い立った山旅。 沖縄に台風が接近中で天候が良くないのを承知の上で、夜行列車で発った。 韮崎駅の待合室は、甲斐駒ケ岳あたりに登る予定の登山者の寝袋でいっぱいだったので、バス停のベンチで仮眠。

登山口から登山道まで

集落、ゴルフ場、アカマツ林、クワ畑、荒地の中のアスファルトの道をだらだらと登っていく。 山頂は雲の中にあって見えない。 沈んだ気分で歩く。

稜線へ

夏場に登る人は少ないと見えて、沢沿いの道は荒れていた。 沢を離れると急登となり、稜線へと高度をかせぐ。 そこで雷鳴。 自分のいる高さと変わらないあたりから響いてくる雷の音は、とても恐ろしかった。 鳥が鳴いているのだから、たぶんここには雷は落ちないだろう、と、いささか心細い理屈を頼りに歩く。

山頂へ

茅ヶ岳の深田久弥終焉の地

稜線へ出ても、ガスに巻かれて本当にここが稜線なのか判らない。 小枝を拾い、クモの巣を除けながら岩だらけのヤブ尾根を歩く。 ほどなく、「深田久弥終焉の地」に至る。 なんのことはない、尾根道のわきに墨のにじんだ木の棒杭が立っているだけだ。

本来なら素晴らしい展望のはずの稜線の道なのに、どちらを向いても真っ白である。 気が付くと「つまらん、つまらん」と呟きながら歩いていた。 山頂に到着しても、ラジウスで湯を沸かす気力もなく、ビーフジャーキーとドライフルーツをかじって昼飯を済ませた。

金ヶ岳へ

茅ヶ岳から一度下り、巨大な岩が組み合った石門を過ぎて、金ヶ岳へと登る。 途中、登山道からそれて、左手の大きな岩を登ってみる。 登りきってヒョイと足を投げ出し、岩の上に腰掛けて下を見ると、断崖。 数十メートル下に、小さく樹冠が見えた。

鳥肌が立った。

このままポイと身を投げ出せば、自分という存在はこの世から消えてなくなる。 そう思うと岩をつかむ手がこわばり、震えた。 岩にかじりつこうとしているのか、身体を虚空に押し出そうとしているのか、わからなくなった。

ほんのわずかな時間だったと思うが、心身ともに不安定に、ガケの上に引っかかっていたのだ。

眼下の樹林から、コガラやメボソムシクイの声が聞こえた。

「誘うなよ」 そう呟いてから、気が付いた。 ここで死んでしまったら、もうコガラと遊んだり、森の中を歩くこともできなくなる。 この世界について、もっともっと知るためには、生きて行かなければならない。

救われたとか、そんな感覚もなく、ほとんと無感情となって、岩から離れ、登山道に戻った。

下山

雨の中、急な岩と草のヤセ尾根を下る。 周囲を満たしている白いガスのほか何も見えない。 この次の山行で目指すべき高峰も、目印とすべきピークも見えない。 見えるのはただ、足元の道。

まるで今*1の生活のようだ。 この先行くべきところを、志を失い、ひとりぼっちで、ただ毎日を切り抜けるので精一杯の生活のアナロジー。 雨でずぶぬれになり、泣きべそをかきながら、だらだらと長い尾根道を下った。

そんなとき、あり得ないものを見てしまったのだった。


*1 社会人2年目の当時

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-10-05 (木) 23:49:56 (4638d)