再帰性反射材

交通標識の反射

雨の夜、こんと散歩していて気付いたこと。

交通標識がLEDライトの明かりに浮かび上がる。 交通標識に当たった光は、さらに雨に濡れた路面で反射する。 路面に倒立した交通標識が写る。

交通標識の反射の模式図

しかし、その反射した交通標識の像は、LEDに照らされた実物には比べものにならないほど暗い。 標識の白い柱のほうが、実物と像の明るさの差が小さい。

そこで、像の写る路面にLEDライトを向けたところ、像の明るさが増した。 路面で反射した光が、実物に当たって反射し、また路面で反射したのだ。 しかし、像は明るくなったのに、実物のほうは暗い。

路面を照らしたときの交通標識の反射の模式図

なぜだろう、と雨の中を歩きながら考えて、思い出した。 交通標識は、光をやってきた方向へ反射するようにできているのだ(再帰性反射材という)。

再帰性反射材

そこで、真正面から照らしたときには、光はほとんど路面に反射せず、直接懐中電灯のほうへ戻ってくる(次の図の白い線)。

真正面から照らしたときの光の経路

路面を照らしたときには、交通標識の再帰性反射材は、路面で反射した光を律儀に路面へと反射し返している(次の図の白い実線)。

濡れた路面で反射したときの光の経路

そのため、光が進んだ経路は上の図の白い点線のように見えるため、路面に映った標識が明るくなるのだ。

(初出:科学的逍遙日誌


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-02 (日) 22:57:32 (3457d)