モンシロチョウ

ルッコラ食堂

2012年6月30日、庭のプランターで栽培しているルッコラ(ロケット)が、虫に食われて主脈(葉の中央の葉脈)だけになってしまった。 何が食べているのだろう、と調べてわかった。 犯人(犯虫?)はコイツだ!

ルッコラの上を飛ぶモンシロチョウ

拡大

モンシロチョウである。 もちろん、成虫がルッコラの葉をむしゃむしゃ食うわけではない。

ルッコラに産卵するモンシロチョウ

拡大

見ていると、ルッコラの葉に卵を産みつけている。

ルッコラの葉に産みつけられたモンシロチョウの卵

拡大] [さらに拡大

拡大するとこんな感じ。

この卵から孵った幼虫、いわゆるアオムシがルッコラを食害したのだ。

ちなみに、アオムシの写真は撮れなかった。 早朝、数匹見つけたのだが、1匹だけ残して残りは屋根の上に追放。 たぶん鳥(スズメかシジュウカラ)の餌食となっただろう。

残した1匹を撮ろうとしたとき、どこにも見当たらない。 真新しい糞があるので、つい先ほどまでいたはずなのに。

その犯人もすぐにわかった(直接確認したわけではないが)。

せわしなく飛び回っては産卵していたモンシロチョウが、ピタリと葉にとまったまま動かなくなった。 そのまま様子を窺っていると、アシナガバチが飛んできた。 おそらく、アシナガバチがアオムシを捕食したのだろう(またまた犯人ではなく犯虫だ)。

ウチの庭は、まさに食のパラダイスである。

アシナガバチや鳥など、モンシロチョウ(の幼虫)には敵が多い。 ルッコラのようなアブラナ科の植物には、強いにおいの毒性のある物質が含まれている。 その葉をエサとすることにより、植物の毒を捕食者に対する武器とすることができるはずだが……。

捕食者のほうも、多少の毒では死なないように進化してしまうのだ。 ヒトという大型哺乳類も、においや辛味があるアブラナ科やシソ科やキク科の「有毒植物」を好み、「ハーブ」と称しているからね。

卵と幼虫

2013年6月8日、今年もウチのルッコラはモンシロチョウの食堂である。

ルッコラを食害するモンシロチョウの幼虫

卵もあった。

ルッコラの葉に産み付けられたモンシロチョウの卵

拡大

幼い幼虫……おっとこれでは同義反復だ……若齢幼虫もいた。

モンシロチョウの若齢幼虫

拡大

もちろん、終齢幼虫もいた。

モンシロチョウの終齢幼虫

拡大

蛹は見つけられなかった。

参考

科学的逍遙日誌

ルッコラの花

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-06-08 (土) 17:41:11 (2262d)