ベニスズメ

幼虫

2010年7月1日ベニスズメ幼虫@沼津

拡大

玄関先でこんが何かを狩っていた。 どうも鎌首をもたげたヘビのように見えるが、それにしては小さい。 トカゲほどの大きさしかない。

よくよく見たら、ベニスズメの幼虫だった。 上の写真は、こんがさんざんいじめた後だったので、少しぐったりしているようだ。

「スズメガ」は「雀蛾」

ベニスズメの「スズメ」は、「スズメガ」の「スズメ」である。 「スズメガ」は「雀蛾」で、「鳥のスズメほどの大きなガ」という意味である。

もちろんこれは誇張された表現で、スズメほどの大きさのスズメガはいない。

スズメバチも同様に、大きなハチであることをスズメに例えている。

ところが植物の名前では、スズメは小さいことを表す。

スズメノエンドウ、スズメウリ……。

生物の名前の付け方って、けっこうテキトーなのである。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-03 (土) 22:47:08 (3272d)