ヒメギフチョウ

早春の明るい雑木林でヒメギフチョウのメスはオスと出会って交尾し、ウスバサイシンに産卵する。

20030429林床で休むヒメギフチョウ

拡大

林床(りんしょう)で休むヒメギフチョウ。2003年4月29日、長野県内にて。

20030429林床で休むヒメギフチョウ

拡大

ヒメギフチョウは原始的な特徴を残すチョウで、毛むくじゃらである。

交尾

20000429ヒメギフチョウの交尾

拡大

2000年4月29日、長野県内にて。

産卵

20050430産卵するヒメギフチョウ

拡大

葉を広げたばかりのウスバサイシンに産卵する。

20050430ウスバサイシンの葉の裏に産みつけられた卵

拡大

卵の直径は1ミリほど。 うす緑色に輝く真珠のようである。

20050430産卵後、スミレで吸蜜するヒメギフチョウ

拡大

産卵後、スミレで吸蜜する。鳥に襲われたのか、羽はボロボロである。2005年4月30日、長野県内にて。

ヒメギフチョウの林

ヒメギフチョウの林に咲くニリンソウ

拡大

ヒメギフチョウの舞う、ブナやミズナラの林。 林床(りんしょう)にはニリンソウ(上の写真)やムラサキケマンが咲く。 1980年代に撮影したもの。

ウスバサイシンに産卵するヒメギフチョウ

拡大

茶色の目立たない花をつけるウスバサイシンの葉の裏側に、ヒメギフチョウが産卵する。

ウスバサイシンに産卵後、日向ぼっこするヒメギフチョウ

拡大

産卵後、ヒメギフチョウは葉の表側によじ登り、しばらく木漏れ日を浴びていた。

ヒメギフチョウの林に咲くカタクリ

拡大

ヒメギフチョウの林には、カタクリも咲く。 ただし、カタクリの蜜を吸うヒメギフチョウの姿をカメラに収めるのは難しい。

参考

科学的逍遙日誌


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-04-25 (土) 18:16:23 (3801d)