ニワハンミョウ

ウチの周囲に棲むニワハンミョウ

周辺を拡大

夏になるとウチの周りにニワハンミョウが出現する。 体長1cmに満たない小さな虫だが、強力なアゴを持つ捕食者である。

近づくと、ついと飛んで少し離れたところにとまる。 垂直な外壁にとまっていることも多い。

次の写真はウチの外壁にとまっている様子で、大きな目とアゴがわかる。

ウチの外壁にとまっているニワハンミョウ

拡大

2006年8月1日に、庭先のクモの巣にかかって死んでいるニワハンミョウを発見。拡大撮影する方法をいろいろと試した。

一眼レフデジタルカメラで撮影

前方から見たニワハンミョウ

まずは、デジタルカメラ OLYMPUS E-20 にマクロエクステンションレンズを付けて撮ってみた。 前方から見ると、目と口器(こうき)が大きいようすがわかる。 小さくても、やはりハンミョウである。

ニワハンミョウの側面

一見地味だが、よく見ると金属光沢があって美しい。

ニワハンミョウの背面

いかにせん、小さい。 体長8mmほどである。 デジタルカメラの限界を感じて、別の撮影方法を考えてみた。

スキャナで読み取り

ニワハンミョウの側面

以前、エプソンのサイト養老孟司?が甲虫の標本をスキャナで読み込む、という話が載っていたのを思い出して、試してみた。 ワシ紅葉をスキャンしてみたことがあるのだ。

ニワハンミョウの背面

プリンタ複合機の hp psc2150 で、1200dpi で読み取った。 新書本を2冊置いてつぶれないようにし、間にニワハンミョウをそっと置いてスキャン。 カバーをおろすとき、風圧でひっくり返ってしまったりした。

ニワハンミョウの腹面

ピントを合わせる必要がないので楽だが、イマイチ平板な感じがする。 いかにも「標本」という感じだ。

双眼実体顕微鏡の映像を携帯電話で撮る

ニワハンミョウの背面

より拡大した写真が撮れないかと思い、フィールド用双眼実体顕微鏡「ファーブルミニ」を使ってみた。 接眼部に携帯電話のカメラのレンズを当てて撮影すると、思いのほかよく撮れるのだ。 ただし、ライティングと携帯電話のレンズの位置合わせに少々コツがいる。 ライティングは、窓際の間接光がよい。 携帯電話のレンズは、液晶画面のプレビューを見ながら、遠くから近づけていくとよい。

ニワハンミョウの腹面

「ファーブル」の倍率は20倍なので、肉眼では複眼を構成する個眼のひとつひとつまで見えるのだが、携帯電話のカメラで撮影すると、そこまではわからないようだ。 それでも、肢や口器に生えている毛まで撮影できた。 ちなみに、まとわりついている細い糸状のものは、クモの巣である。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-07-29 (日) 23:13:01 (2608d)